“犬派”の家に、猫がやって来た! 新しい発見の日々

次男の拳吾君の服の中に入る女王「縞」
次男の拳吾君の服の中に入る女王「縞」

 “犬派”だった一家に猫がやって来た。犬と飼うのに比べれば“楽ちん”と思ったら、そうでもない。予想しないことが次々と起こる……。それでも家族は猫の魅力にはまり、今では3匹の猫飼いになった。笑いと愛情にあふれた日常を覗いてみた。

 

(末尾に写真特集があります)

 

 千葉市にある大きな日本家屋。引き戸を開けてお邪魔すると、廊下から1匹のキジ猫がひょいっと顔を出した。


「この子は女王の『縞』(しま、4歳)。手下の男猫たちは寝室にいるのでどうぞ」


 そう渡邊惠子さん(56)に案内されて、2階に上がった。


 広々とした部屋に入ると、棚の上で黒猫の「そら」(オス、4歳)が、奥のベッドの上ではグレーの毛並の「セナ」(オス、推定3歳)がくつろいでいた。寝室に家族以外の人が入ることが稀だからだろうか、2匹ともびっくりしたように、目を丸くしている。


「猫は初めてだけど、まー、びっくり」


 そういって、恵子さんが笑う。惠子さんは“犬派”で、50歳を過ぎるまで、猫と暮らした経験がなかったのだという。


「学生の頃は三河犬、そのあとシベリアンハスキー、夫の連れ子だったゴールデンレトリーバーと、オスの大きな犬ばかり飼いました。一緒に暮らす母が、動物が苦手なので、室内で猫を飼うのは無理だと思っていました」

 

地味キャラながらいたずら盛んな「そら」
地味キャラながらいたずら盛んな「そら」

◆長男がもらってきた子猫

 転機が訪れたのは4年半前。長男の堅太君(19)が中学3年の時、同級生の家で生まれた子猫を欲しがったのだという。


「“可愛い孫の頼みだから”ということでおばあちゃんが折れた感じですね。オス犬を飼ってきたし、メスなら穏やかで可愛いだろうと、『縞』を選び、きょうだいなら仲良くするかなと思って、一緒に生まれたオスの『そら』ももらいました」


 飼い始めると、まず“楽なこと”に驚いたという。


「犬は1匹でも手がかかる。猫はまず散歩がいらないし、ゴハンをあげるときも“待て”はいらない。お腹がすけばニャッと鳴くくらい」


 もっとも、思いがけないことが、次々と起きた。


 子猫時代は、目を離したすきに客間に入って畳でばりばり爪を研いだり、いろいろないたずらをした。惠子さんはいたずらを注意し、言ってきかせたという。


「この家でこれはやってダメ、とその場でガッと押さえて教えました。猫はしつけできないというけど、子猫のうちに徹底したら覚えていきましたね。私は息子に対しても厳しい口調で言うことがあるので、猫も『母さん怒らせるとこわいぞ』と思ったみたい(笑)」


「縞」と「そら」はきょうだいながら、仲良く添い寝することはあまりなかったという。


「『縞』が女の子のイメージと違い、強欲いじわる女で(笑)。そらのイメージも違った。避妊・去勢手術を受けたのに、『そら』がしつこく『縞』に乗って首を噛むので、『縞』は“しつこい、男は嫌”という風に『そら』をはたいて、避けるようになったんです」

 

 

◆ゴミ捨て場で見つけた灰色の猫

 2匹が落ち着き、家になじんできた一昨年冬、新たな猫「セナ」と出会った。


「以前、うちで保育園を経営していたのですが、父が亡くなり、しばらくして閉園しました。園を取り壊す時に大量のゴミが出たので、車で清掃事務所に運んでいた時、きれいな猫を何度か見かけたんです」


 その猫は粗大ゴミ置き場に住み着いていた。グレーで重厚な毛並をしており、シャルトリューや、ロシアンブルーに似ていた。清掃事務所で飼っているのかと職員に尋ねると、「2年くらい前、住みついたので、餌だけあげている」とのことだった。屋根もあり雨風をしのげるので、迷ったか、捨てられるかして、そのまま居着いたようだった。

 

父さんいわく「太ったからロシアン”デブ”ルー」
父さんいわく「太ったからロシアン”デブ”ルー」

「綺麗だし、見るからにお高そうな猫だし(笑)。一生懸命ゴミを運んでいたら、僕を見つけてというように、“ニャー”と彼から声をかけてきた。猫を引き取れないか事務所に聞くと、『ちょうど冬休みに入るところで、餌やりに困っていた。むしろ助かる』と言われ、連れ帰ることにしました」


 由緒正しそうな野良猫には、息子が「セナ」と命名した。


 だが、連れてこられた温かな家には、知らないオス猫とメス猫がいた。「セナ」は驚いて“ううっ”と低く唸り続けた。


「『縞』も“はあ? またオス?”みたいに、シャーシャーとすごく警戒したので、しばらく『セナ』をケージで飼いました。3カ月目くらいにケージの扉を開けましたが、それでも出ようとしなかったですね。半年経って、やっと出られるようになりました」


 惠子さんが、長く猫を飼う知人に「なめ合ったりしないけど、相性が悪くて無理かしら」と相談すると、「大丈夫よ」といわれたという。


「相性が悪ければ、もっと早く血みどろの戦いになっていると(笑)。そこのお宅には10年経っても仲が悪い猫同士がいるそうで、それに比べれば確かにましですね」

 

「そら」を抱く惠子母さんと、「縞」を抱く拳吾君
「そら」を抱く惠子母さんと、「縞」を抱く拳吾君

「セナ」は次第に「縞」や「そら」がいても、平然とふるまうようになった。時には、男同士「そら」とくっついて寝ることもある。ただし「縞」と添い寝する姿は今もほとんど見られないという。


「猫はこうだという考えはなくなりました、というか、打ち砕かれました(笑)。こちらも柔軟にならないと。今年の夏で、『縞』と『ソラ』は5歳になりますが、思えば家族にも変化がでてきましたね」

 

 

◆猫たちにゾッコンの家族

 惠子さんのご主人は単身赴任中で、3週に1度だけ帰宅する。もともと犬を連れて結婚しただけあって、最初は「猫は嫌いだ」と言っていた。だが、いざ飼い始めたら、メロメロなのだとか。


「家に帰ってくると、『縞ちゃーん』って声色で(笑)。うちは息子だけだから、女子が可愛いのかな。あんなきつい『縞』でも可愛くて仕方ないみたい。息子たちとの会話も増えましたよ」


 そんな話を聞いていると、次男の拳吾君が寝室をのぞきに来た。


 ニコニコしながら、「そら」をひょいっとパーカーの中に入れ、次いで「縞」と遊び始める。「縞」を抱いたまま、ベッドの上に仰向けに押し倒した。少し手荒くも見えるが、「縞」は仰向けになって、後ろ足を広げたまま、魔法がかかったように動かない。


「これは僕とだけする遊び(笑)、なぜか逃げない」

 

拳吾君にひっくり返された「縞」。まんざらでもなさそう
拳吾君にひっくり返された「縞」。まんざらでもなさそう

 確かに「縞」は楽しんでいるようだ。何度かその遊びをした後、今度は「セナ」を抱き上げた。


「太ってきたから、父さんがロシアンブルーでなく、ロシアン“デブ”ルーっていうんだ」


 拳吾君は普段、学校から帰ると、まずこの寝室に寄って猫たちと遊ぶのだという。


「猫を通して親子の会話も増えましたね。階下にある猫トイレの掃除は息子たちに任せていますが、しないんです。だから言うんです。あんたたちもトイレが汚なかったら嫌でしょ? 猫の手も借りたいけど、猫は掃除しないから、ちゃんとして、と(笑)」」


 拳吾君の猫を見る目は優しい。修学旅行で沖縄にいった時には、猫にもお土産を買ってきたそうだ。


「ちんすこう、でなく、にゃんすこうという鮪風味のペット用スナック。猫たちは一口で辞めてたー(笑)。『縞』、もう一度遊ぶ?」


 猫たちに振り回されながらも、一家は賑やかに楽しく暮らしている。


(写真:庄辛琪)

藤村かおり
小説など創作活動を経て90年代からペットの取材を手がける。2011年~2017年「週刊朝日」記者。2017年から「sippo」ライター。猫歴約30年。今は16歳の黒猫イヌオと、2歳のキジ猫はっぴー(ふまたん)と暮らす。@megmilk8686

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

この特集について
ペットと人のものがたり
ペットはかけがえのない「家族」。飼い主との間には、それぞれにドラマがあります。犬・猫と人の心温まる物語をつづっています。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。