競艇場で「ねこフェス」 保護猫とふれ合い、ステージ…

猫とたわむれる参加者ら=徳島県鳴門市撫養町大桑島
猫とたわむれる参加者ら=徳島県鳴門市撫養町大桑島

 猫との触れ合いや猫にちなんだステージ、マルシェを楽しめる「ねこねこフェスティバル」が14日、鳴門市撫養町のボートレース鳴門で開かれ、家族連れら約6500人でにぎわった。


 市がボートレース場のイメージアップにと初開催。徳島市のNPO法人「ハート徳島」による「ふれあいスペース」では、約300人が同団体が保護した5匹の猫と遊んだ。ステージでは、猫版阿波踊り「あにゃ踊り」がダンサー藤田善宏さんらによって披露され、猫に仮装した親子や鳴門教育大、四国大の阿波おどり連とともに場内を踊り歩いた。マルシェはスイーツや雑貨など54店が並んだ。

 

「あにゃ踊り」で大学生の阿波おどり連などと練り歩く藤田善宏さん(左)ら=鳴門市撫養町大桑島
「あにゃ踊り」で大学生の阿波おどり連などと練り歩く藤田善宏さん(左)ら=鳴門市撫養町大桑島

 家族3人で訪れた鳴門市鳴門町のフリーアナウンサー秋葉理佳さん(36)は「うちも2匹飼っていますが、うち1匹は保護した猫です。催しを通して、多くの人が猫の保護に関心をもってほしい」と話していた。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。