猫・犬から感染する感染症で、国内初の死亡例 国が注意喚起

(画像は本文と関係ありません)
(画像は本文と関係ありません)

 猫や犬から感染するコリネバクテリウム・ウルセランス感染症に福岡県の60代女性が感染し、死亡していたことが厚生労働省への取材でわかった。厚労省によると、国内での死亡例は初という。


 この感染症は猫、犬のくしゃみや鼻水などからうつる。のどの痛みやせきなどの症状が出て、重症化すると呼吸困難などで亡くなることがある。治療には抗菌薬が効く。


 厚労省によると、女性は2016年5月、呼吸困難になり、救急車で医療機関に運ばれ3日後に亡くなった。血液などから菌が検出された。女性は屋外で猫3匹にえさをやって世話をしていたといい、その猫から感染した可能性が高い。


 国立感染症研究所によると、国内では01年に初の患者が確認された。17年11月までに25人の感染が報告され、その多くが猫や犬からの感染とみられるという。


 この感染症は感染症法で医療機関からの届け出が義務づけられていないため、見逃されている可能性もある。厚労省は今月10日、日本医師会や日本獣医師会、全国の自治体に対し、死亡例があったことを通知。疑われるケースがあれば情報提供してほしいなどと呼びかけた。


 同省の担当者は「くしゃみや鼻水などの症状がある猫や犬に触れる際は過度な接触を避けて、早めに獣医師の診察を受けて。触る際は手袋やマスクを着け、触れた後には手洗いを徹底してほしい」と話している。

 

◆キーワード

<コリネバクテリウム・ウルセランス感染症>
コリネバクテリウム・ウルセランス菌という細菌によって引き起こされる。人や猫、犬、牛などの動物への感染が確認されていてのどや肺、皮膚などに症状が出る。症状はジフテリアとよく似ている。マクロライド系抗菌薬による回復例が国内で報告されている。人から人への感染例は国内で報告がなく、海外でも非常にまれとされる。

 

<関連記事>

犬の唾液をさわって感染? マダニ、ペットの犬から人へ 世界で初めて確認

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

投稿コーナー「朝ワンコ・夕ニャンコ」 犬と猫の写真を大募集!

「朝ワンコ・夕ニャンコ」は、みなさまに投稿していただいた写真でつくるコーナーです。毎日日替わりで、朝7時にワンコ、夕方16時にニャンコを紹介します。sippoの今日の「かお」になりませんか?

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。