戦後とだえていた犬の祈禱が復活 健康を祈って愛犬家が殺到!

飼い主と一緒にお祓いを受ける犬たち=滋賀県多賀町の大滝神社
飼い主と一緒にお祓いを受ける犬たち=滋賀県多賀町の大滝神社

 戌(いぬ)年にあやかって地元を盛り上げようと、古代から犬にまつわる言い伝えがある滋賀県多賀町の大滝神社で6日、戦後から途絶えていた犬の祈禱(きとう)が復活した。健康や長寿を願い、さっそく多くの犬が飼い主に付き添われてお祓(はら)いを受けた。


 大滝神社は、平安時代前期の807(大同2)年の建立とされる。鈴鹿山系から琵琶湖へ向かう犬上川のほとりにあり、正月三が日に約40万人の初もうで客が訪れる多賀大社からは約5キロ上流に位置する。

 

神主の祝詞(のりと)を聞く犬と飼い主=滋賀県多賀町の大滝神社
神主の祝詞(のりと)を聞く犬と飼い主=滋賀県多賀町の大滝神社

■忠犬小石丸の伝説

 この神社には、忠犬「小石丸」の伝説がある。日本武尊(やまとたけるのみこと)の皇子・稲依別王命(いなよりわけおうのみこと)が、犬上川にすんで住民に危害を加えていた大蛇を退治しようと、愛犬の小石丸を連れて出掛けた。しかし7日間探しても大蛇は見つからず、疲れた命が仮眠しようとすると、小石丸が激しくほえた。寝付けずに怒った命が刀で小石丸の首を切り飛ばすと、首が近くに潜んでいた大蛇にかみつき、命を守ったという。


 命が小石丸の体を手厚く塚に葬り、松を植えたと伝わる神社近くの場所には「犬胴松」が残る。命は一帯を長く治めた犬上氏の祖となり、大滝神社境内の犬上神社にまつられている。大滝神社は「犬の守り神」といわれるようになった。


 町や観光協会が、戌年にあたってこの伝説に着目。氏子が社務所を整理すると、犬上神社で飼い主と一緒に祈禱される犬の様子をつづった1921(大正10)年の新聞記事と写真を見つけた。いつ途絶えたのか記録はないが、氏子総代会長の城貝忠信さん(74)は「戦後に犬の祈禱をした覚えはない」という。

 

愛犬と一緒に玉串をささげる飼い主=滋賀県多賀町
愛犬と一緒に玉串をささげる飼い主=滋賀県多賀町

■正月の参拝者激増

 そこで戌年の今年から、月に数回ある「戌の日」のうち1回を犬の祈禱日とすることにした。復活を前に、小石丸に見立てた犬を描いた絵馬を作り、「愛犬を連れて初もうでを」とPRしたところ、この正月三が日は例年の10倍にあたる千人近くが参拝。「半分以上が愛犬を連れていた」(城貝さん)という。


 6日は、朝から続々と犬たちが訪れた。一番乗りは、近くに住む礒野与志嗣(いそのよしつぐ)さん(73)の5歳の愛犬ジョン君。礒野さんは「長寿と健康を祈ってやります」。同県米原市の渡辺広さん(47)も、5歳のはなちゃんと4歳のこまちちゃんに晴れ着を着せてきた。「普段は僕に連れられてくるこの子たちが今日はメイン」


 次回の祈禱日は2月11日。予約不要で、当日午前10時から正午まで受け付ける。問い合わせは多賀観光協会(0749・48・1553)へ。


(大野宏)

朝日新聞
朝日新聞の媒体に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。