猫の飼育数がついに犬を超える 犬のしつけや散歩、負担大?

ついに飼い猫の数が飼い犬を追い抜いた
ついに飼い猫の数が飼い犬を追い抜いた

 ペットフードメーカーの業界団体「一般社団法人ペットフード協会」(東京都)は22日、全国の犬と猫の推計飼育数を発表した。猫が953万匹(前年比2・3%増)に対し、犬は892万匹(同4・7%減)。1994年の調査開始以来、初めて猫が犬を上回った。


「全国犬猫飼育実態調査」の結果。20~79歳の5万人にネット上でアンケートを取り、統計化して推計値を出した。犬の飼育数は調査開始時から一貫して猫を上回ってきたが、差は年々縮まっていた。犬は3年連続で減少し、猫は2年連続で増加している。


 90年代後半以降の小型犬ブーム時に誕生した犬が寿命を迎える中、飼い主も高齢化し、新たな犬の「飼い控え」傾向が生じている。同協会は「犬はしつけや散歩が必要なため、猫に比べて負担感が大きく、敬遠につながっているのではないか」とみている。


(机美鈴)

 

トイプードル
トイプードル

■猫の流通、3年連続増

 2016年度にペットショップなどにより国内で販売・譲渡された猫は少なくとも約16万6千匹で、統計が取れる14年度以降3年連続で流通量が増えていることが、朝日新聞の調査でわかった。前年度より約1万匹増加した。猫も犬のように、ペット店などで購入する入手経路が一般化しつつあるようだ。


 改正動物愛護法(13年9月施行)で、繁殖業者やペット店などが自治体に提出を義務づけられた「犬猫等販売業者定期報告届出書」の集計値について、朝日新聞がアンケートを実施。事務を所管する都道府県や政令指定都市など99自治体から回答を得て(回収率100%)、判明した。


 猫の流通量は、前年度の約15万6千匹から6%の増加。改正動愛法の施行でこの調査が可能になった14年度以降、3年連続で増えている。22日にペットフード協会が発表した国内の犬猫の推計飼育数で、猫が犬を上回った一因となっているともみられる。犬の流通量は約66万3千匹で、前年度(約69万2千匹)に比べ4%減だった。


(太田匡彦)

 

■住環境変化、背景か

「ムツゴロウ」こと作家の畑正憲さん(82)の話 今年の調査結果がどうなるか、関心を持っていました。猫が犬を逆転すると、思っていましたよ。住環境が大きく変わり、犬を飼うより猫の方が楽になった。それに尽きますね。猫ブームが来るだろうということは50年前に予想していました。猫は非常に気持ちがわかりやすいんですね。今もね、数匹飼っていますよ。人間は、人間だけじゃ暮らせない。人間はペットと離れられないんです。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

投稿コーナー「朝ワンコ・夕ニャンコ」 犬と猫の写真を大募集!

「朝ワンコ・夕ニャンコ」は、みなさまに投稿していただいた写真でつくるコーナーです。毎日日替わりで、朝7時にワンコ、夕方16時にニャンコを紹介します。sippoの今日の「かお」になりませんか?

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。