来年は戌年、70作目ができたワン! 「犬」の香合はいかが?

焼き上がった「戌」の香合=岡山県倉敷市羽島
焼き上がった「戌」の香合=岡山県倉敷市羽島

 岡山県倉敷市羽島の陶芸家、岡本篤さん(73)のアトリエ「天神窯」で26日、来年の干支(えと)「戌(いぬ)」をかたどった香合の初窯出しがあった。「子どもたちが楽しく元気に暮らせる、夢のある世界が広がる年に」と願いを込めて手がけたという。


 香合は香を入れる茶道具で、高さ6・5センチ、長さ7・5センチ。岡本さん方では父の故欣三さんが1949年の「丑(うし)」を作って以来、秋から冬にかけての風物詩となっている。今回で70作目といい、「古希を祝うめでたい形に仕上がった」。子どものころに飼っていた雑種を思い出し、愛敬ある顔立ちの子犬たちが焼き物として誕生した。


 この日は150個ができあがり、年内にさらに150個を作る。問い合わせは天神窯(086・423・0356)。


(小沢邦男)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。