猫好きが集めた夢二の絵画など300点を紹介、「猫まみれ展」

今にも動き出しそうな猫の彫刻など猫づくしの展示会場=旭川市
今にも動き出しそうな猫の彫刻など猫づくしの展示会場=旭川市

 猫が描かれた絵画や彫刻、陶磁など約300点を集めた「招き猫亭コレクション 猫まみれ展」が北海道旭川市の道立旭川美術館で開かれている。役者絵が禁じられていた時期に役者の顔を猫に変えた浮世絵など、昔の風俗を伝える作品もある。28日まで。


 展示品は「招き猫亭」を名乗る猫好きの美術愛好家が収集したもので、全国で巡回展が開かれている。美人画の竹久夢二、パリで挿絵やポスターを数多く手がけたテオフィル・A・スタンラン、ポップアートのアンディ・ウォーホルなど、大家の作品も並ぶ。

 

会場にはスタンランの代表作「猫と少女」(左端)などの絵や彫刻が展示されている=旭川市
会場にはスタンランの代表作「猫と少女」(左端)などの絵や彫刻が展示されている=旭川市

 14日には見どころ解説も行われ、村山史歩主任学芸員は「おもちゃ絵(子供向けの浮世絵)や、群馬県太田市の殿様が描き、ネズミよけのお守りとして養蚕農家の床の間に飾られた『新田猫』の絵など、良い状態で残っているものは少ない貴重な作品もあるので、楽しんで」と話していた。


 月曜休館。観覧料は大人千円、高校・大学生600円、小中学生300円。問い合わせは同館(0166・25・2577)へ。


(渕沢貴子)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。