猫の視点で、街の歴史えがくコメディー演劇「上狛キャッツ」

昨年11月の「木津川アート」で初上演された上狛キャッツ=木津川市提供
昨年11月の「木津川アート」で初上演された上狛キャッツ=木津川市提供

 130年以上続く茶問屋街で知られる京都府木津川市山城町の上狛(かみこま)地区。その歴史を猫の視点で描く演劇「上狛キャッツ」が10月、再上演される。昨年、山城町で開かれた芸術祭「木津川アート2016」で披露され、好評を得たコメディーだ。「リターンズ」と銘打って約1年ぶりに地区で上演し、お茶にゆかりの深い上狛の魅力を発信する。


 主催は、スタッフなどとして木津川アートにかかわった市民らで作る「木津川お茶猫プロジェクト」。代表の福祉施設職員、濱(はま)茂さん(40)も上狛地区を担当したスタッフだった。仲間とアイデアを出し合って誕生させた上狛キャッツを、昨年は地区の小さな倉庫で4回上演。それでも毎回100人以上が詰めかけた。


 上狛では江戸時代末期から、お茶の集荷や加工、木津川の水運を利用した輸出を手がける茶問屋街が発達した。上狛キャッツの舞台は、神戸へ出荷される茶箱が並んでいた「上狛浜」だ。昨年同様、関西を拠点に主に海外で活動している劇団「ガンボ」のほか、市内の劇団や市民有志合わせて約20人が出演する。


 上狛を去ろうとするヤング猫を引き留めようと、長老猫や女王猫、ポリス猫たちが集会を開く。上狛からお茶が輸出された歴史など、街のよさをあの手この手で教えて説得する約1時間のストーリーだ。紙芝居や字幕、殺陣(たて)、ドラムによる音響効果など、様々な演出で観客を楽しませる。


 脚本を書いたのは、ガンボ代表の田村佳代さん(47)。丹念に資料を調べ、上狛の人たちに取材もして、8カ月かけて完成させた。再上演にあたり、再び地区で取材して加筆した。

 

倉庫に造られた特設会場で稽古に励む出演者たち=木津川市山城町
倉庫に造られた特設会場で稽古に励む出演者たち=木津川市山城町

 濱さんらによると、昨年の上演後、「上狛の小学校で上演してほしい」という声がいくつも寄せられた。今年1月にプロジェクトを立ち上げた濱さんは「上狛キャッツは市民の誇りを表現してくれた。できれば何回も公演していきたい」。プロジェクトの芸術監督も引き受ける田村さんは「昨年は地元のお年寄りたちを中心に評判が良かったようで、びっくりしました。お茶が伝わっていった国々で公演したい」と夢を描く。


 10月8、9、14、15日の午後5時開演。会場は茶問屋街近くの古い倉庫。木津川市役所の山城支所付近から、謎解きなどをしながら街を歩いて会場へ向かう「謎解きキット」付きチケットが中学生以上1500円、小学生千円。公演のみのチケットは各500円引き。


 問い合わせは濱さん(090・9881・1871)へ。詳細は同プロジェクトのホームページ(http://mocha-neco.moon.bindcloud.jp)で。


(伊藤誠)

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。