希少動物おそうノネコ、捕獲して譲渡できなければ「安楽死」も

(写真は本文と関係ありません)
(写真は本文と関係ありません)

 環境省は19日、奄美大島のアマミノクロウサギなど希少動物を襲う野生化した猫(ノネコ)の管理計画を、近く策定することを明らかにした。山中のノネコの捕獲や一時収容などの扱いをまとめる。捕獲後は譲渡する予定だが、数が多いため、引き取り手が見つからない場合の安楽死も検討しているという。


 奄美などの世界自然遺産登録に向け、生態系の保護対策を話し合う奄美市での会合で、那覇自然環境事務所の西村学所長が説明した。管理計画は県や地元5市町村とともに策定する。行政機関が安楽死の可能性に言及するのは初めて。


 東京・小笠原諸島では、希少鳥を襲うノネコを捕獲後、愛猫家に飼ってもらう事業が続く。奄美大島でも譲渡を想定するが、ノネコの推定生息数が600~1200匹と格段に多く、引き取り手が見つからない個体が出る可能性がある。


 一方、森林総合研究所の山田文雄特任研究員はノネコ1匹が1年間に食べるクロウサギは40匹前後との研究事例も踏まえ、「早急に捕獲に踏み切らないと、島の希少種が絶滅してしまう」と訴えている。


(外尾誠)

 

<関連記事>

「ノネコ」増やしたくないニャン! 飼い猫にチップ、屋外なら手術も義務化 奄美大島の5市町村

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。