猫好き社員が飼い猫で研究! 肉球パフのコスメを開発

肉球型のシリコーンパフを備えて商品化された「ぷにぷに猫の手ファンデ」
肉球型のシリコーンパフを備えて商品化された「ぷにぷに猫の手ファンデ」

 

 猫の肉球でぷにぷにされるようにお化粧を――。猫好きの女性のため、ファンデーションを顔に塗るときに使う猫の肉球型のシリコーンパフを大阪の化粧品メーカーが開発した。発売に向け、インターネット上で資金を募ると早くも目標の3倍に。猫ブームの勢いに乗ったのか、メーカー側も驚いている。

 

(末尾に写真特集があります)

 

 直径5センチほどの円盤に、ぷっくりした肉球模様。ピンク色で柔らかさと弾力は本物そのものだ。開発したのは、大阪市中央区の化粧品メーカー「ミックコスモ」。同社が昨年初めて実施したアイデアコンテストで、一般からの応募154件の中から大賞に選ばれたアイデアを商品化した。

 

 商品化を担当したのは自身も猫好きな企画開発部の寺田奈央さん(26)。自宅には猫が2匹いる。「ぷにぷにされたい気持ちは分かる」。肉球をかたどりやすいシリコーンパフに目をつけて国内外から製品を取り寄せ、飼っている猫の肉球を触って比べた。弾力性はどのシリコーンが最も近いか。肉球の厚さは何ミリか。4カ月も試行錯誤して理想の感触にたどり着いた。

 

「肉球を触りすぎて猫には『もうええやろ』という感じで避けられますが、納得いくものになりました」と寺田さん。シリコーンパフはファンデーションが染みこまず、水洗いできる利点もある。

 

 発売のため資金を募るクラウドファンディングでは、猫の鳴き声にちなんで目標金額を22万2222円に設定。支援すると先行して商品がもらえる仕組みにした。目標は10日間ほどで突破。現在は3倍に達した。募集は10月10日まで。

 

 一般発売は11月の予定。関東や関西の一部店舗や通販で購入できる。ファンデーションとセットの「ぷにぷに猫の手ファンデ」は1944円(税込み)。問い合わせは同社(0800・888・3953)。

 

(多鹿ちなみ)

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。