ペットとの生活、もしもの備えは… 「犬29万円、猫16万円」

ペットの“もしも”の備えは…
ペットの“もしも”の備えは…

 犬や猫などのペットが病気になったときや、飼い主に何かがあったときなど“もしも”のために、飼い主たちは一体どんな備えをしているのか――。インターネットリサーチのマクロミルが、全国20~69歳の犬猫の飼い主1,000名(犬猫それぞれ500名ずつ)を対象に調査した。ペットのために貯金しているという飼い主も3割近くおり、平均額は犬で29万円、 猫で16万円という結果が出た。


 調査ではまず、飼っている犬や猫に、万が一のことがあった際の備えとして、現在行なっていることをたずねた。最も多かったのは「かかりつけ動物病院をつくる」が82%で、大半の飼いがしていた。2番目に多かったのは「貯金」29%、 3番目は「迷子札の装着」24%と続いた。一方「マイクロチップの装着」は12%にとどまった。

 

【図】飼い犬・飼い猫のための、万が一の備え(マクロミル調べ)
【図】飼い犬・飼い猫のための、万が一の備え(マクロミル調べ)

 続いて、ペットのための「貯金」や「ペット保険への加入」について、 犬と猫の飼い主別に状況を比較。貯金をしている割合は、犬と猫で大差はなかったが、ペット保険に加入している割合は、犬は猫の2倍強となっていた。

 

【図】万が一の備えに貯金をしている割合(マクロミル調べ)
【図】万が一の備えに貯金をしている割合(マクロミル調べ)
【図】万が一の備えにペット保険へ加入している割合(マクロミル調べ)
【図】万が一の備えにペット保険へ加入している割合(マクロミル調べ)

◆保険料は犬3100円、猫2700円

 更に、「貯金」「ペット保険への加入」をしている犬・猫の飼い主に、 どれくらいお金をかけているか聞いた。


 貯金額の平均は、飼い犬295,102円、 飼い猫162,164円で、ともに40代の飼い主が最も多く貯金をしていることがわかった。また、ペット保険料の月額平均は、犬3,169円、 猫2,747円で、犬の場合は30代と60代の飼い主が、猫の場合は20代の飼い主が、多くの保険料を掛けていることがわかった。また、「貯金額」と「ペット保険料」ともに、犬の飼い主の方が金額が多かった。

 

 

◆飼い主に何かあったら…

 ここまでは、飼い主がペットのためにしている備えについて聞いてきたが、“飼い主自身”に何らかのトラブルが起こったときの対策についてもたずねた。


「備えをしている」と回答した犬猫の飼い主は約70%。約3割の飼い主は、いずれの備えも実施していないことがわかった。

 

【図】飼い主自身のトラブルに対する備え[実施有無の割合](マクロミル調べ)
【図】飼い主自身のトラブルに対する備え[実施有無の割合](マクロミル調べ)

 最多の備えとしては、「面倒を親族に相談」が28%と、飼い主の“もしも”には、まず家族に相談する人が多いことがわかった。次いで「貯金」25%。「遺言書」の用意や、サービスが提供され始めている「老犬・老猫ホーム」への入所検討、「ペット信託」などについては、いずれも3%に満たない結果となった。

 

【図】飼い主自身のトラブルに対する備え(マクロミル調べ)
【図】飼い主自身のトラブルに対する備え(マクロミル調べ)

 飼育環境の向上や医療の充実などで、ペットの寿命が延びている昨今、“もしも”のためのことを考えている飼い主が多くいることが分かった。


 ペットも飼い主も、ずっと健康でいることが一番だが、万が一の備えについても考えておく必要がある。各家庭で対策を見つけておくべきだろう。


(安田有希子)

sippo
sippo編集部が独自取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

投稿コーナー「朝ワンコ・夕ニャンコ」 犬と猫の写真を大募集!

「朝ワンコ・夕ニャンコ」は、みなさまに投稿していただいた写真でつくるコーナーです。毎日日替わりで、朝7時にワンコ、夕方16時にニャンコを紹介します。sippoの今日の「かお」になりませんか?

この特集について
ペットライフ お役立ち情報
ペットが食べてはいけない物は? もしもの時の備えは? ペットとの生活をより快適にするのに役立つ情報を特集しています。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。