「災害救助犬」、岐阜警察と民間団体が派遣協定結ぶ

協定を結んだ近藤正美さん(右から2人目)と山本有一県警本部長(同3人目)。災害救助犬の2頭も参加した=岐阜市薮田南2丁目の県警本部
協定を結んだ近藤正美さん(右から2人目)と山本有一県警本部長(同3人目)。災害救助犬の2頭も参加した=岐阜市薮田南2丁目の県警本部

 岐阜県警は、災害時に人が入れないがれきの中などから迅速に救助の必要な人を見つけ出すため、災害救助犬を飼育する民間団体「中部災害救助犬」(輪之内町)の協力を得る協定を結んだ。県警が災害救助犬の派遣について協定を結ぶのは、中部6県では愛知に次いで2例目。


 県警は東日本大震災などの教訓から、救助部隊の見直しを進めてきた。災害時には、生存率が急激に下がるといわれる72時間以内の迅速な救助活動が重要になるが、県警に災害救助犬はいなかったため、今回の締結に至った。


「中部災害救助犬」は、ゴールデンレトリバーとシェパードの計6頭の災害救助犬を飼育。災害現場では、代表の近藤正美さん(62)を含む3人の訓練士とともに捜索活動にあたることができる。


「防災の日」の1日に協定を結んだ山本有一県警本部長は「南海トラフ地震など、大規模な災害がいつ起きてもおかしくない。災害時に救助の必要な人の居場所を一刻も早く突き止めるため、支援をお願いしたい」と話した。


(松浦祥子)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

投稿コーナー「朝ワンコ・夕ニャンコ」 犬と猫の写真を大募集!

「朝ワンコ・夕ニャンコ」は、みなさまに投稿していただいた写真でつくるコーナーです。毎日日替わりで、朝7時にワンコ、夕方16時にニャンコを紹介します。sippoの今日の「かお」になりませんか?

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。