挑戦続け、救助犬になった「じゃがいも」 飯舘村の復興シンボル

「飯舘村わんダフルまでい大使」に任命されたじゃがいも=飯舘村深谷
「飯舘村わんダフルまでい大使」に任命されたじゃがいも=飯舘村深谷

 福島県飯舘村で生まれ、11度目の挑戦で災害救助犬に認定されたオスの雑種犬「じゃがいも」が14日、飯舘村のPR大使に任命された。失敗してもへこたれない――。そんな姿で村民を勇気づけてきた「じゃがいも」が、今度は復興に邁進(まいしん)する村の姿を伝えていく。


 村にオープンした道の駅「までい館」。「避難して頑張ったじゃがいもの努力は、村民の姿に重なる」(村担当者)とこの日、じゃがいもはPR大使に任命された。多くの見物客の前で、人を捜し出す災害救助のデモンストレーションも披露。「ワン」とひと鳴き、見事に捜し当てた。


 原発事故に伴う飼い主の避難により、岐阜市のNPO法人「日本動物介護センター」(山口常夫理事長)に預けられたじゃがいも。


「村民を元気づけたい」と災害救助犬の試験に挑戦したが、10回続けて失敗。人を見つける課題では緊張で鳴き声が出ず、時間切れになることが多かった。


 だが、今年6月の11回目のチャレンジは、制限時間10分のところ、5分ほどで課題を達成し、合格。「まるで違う犬のようだった」と山口さん。「村の避難指示が解除され、すばらしい道の駅ができるまで待っていたのでは」とじゃがいもの成長に喜んでいた。


(茶井祐輝)

 

<関連記事>

11回目の挑戦で災害救助犬に! 原発事故で避難したオス犬「じゃがいも」 飯舘村の復興シンボルに

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

投稿コーナー「朝ワンコ・夕ニャンコ」 犬と猫の写真を大募集!

「朝ワンコ・夕ニャンコ」は、みなさまに投稿していただいた写真でつくるコーナーです。毎日日替わりで、朝7時にワンコ、夕方16時にニャンコを紹介します。sippoの今日の「かお」になりませんか?

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。