英国の茶トラ猫 「ボブ」がもたらした奇跡の実話、映画化

(c)2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.
(c)2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

 野良猫を助けたつもりが、助けられたのは自分だった――。イギリス版“猫の恩返し”として知られる心温まる奇跡の実話が映画化され、『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』として8月26日(土)から全国公開される。

 

(末尾に写真特集があります)

 

 作品の主人公は、人生に行き詰まった孤独なストリート・ミュージシャン、ジェームズ。薬物依存で親にも見放され、若くしてホームレスになっていた。生きる希望も目標も何もなく、どん底の日々を送っていた彼の前に現れたのが、一匹の茶トラの野良猫「ボブ」だった。

 

(c)2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.
(c)2016 STREET CAT FILM DISTRIBUTION LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.

 出会った瞬間から不思議とジェームズになついたボブは、ジェームズに生きる希望とチャンスをもたらすことになる。


 作品中、ボブ役の茶トラ猫は、ジェームズの肩に乗って移動したり、演奏中のギターの上でうっとりしたり、お得意のハイタッチを見せたり、バスの窓からロンドンの風景を興味深げに眺めたりと演技力抜群。一体、どんなスター猫かと思いきや、多くのシーンでは実際のボブが登場しているという。まさに“自然体”の演技は、たまらない愛らしさがある。


 ボブを主人公にしたノンフィクション書籍「ボブという名のストリート・キャット」(辰巳出版)は日本、アメリカ、中国など30を越える地域で出版され、販売部数は世界中で500万部、続編2冊を合わせると計1000万部を越える大ベストセラーとなっている。


 原作者のジェームズ・ボーエンは、ボブと暮らすようになってから少しずつ人生が好転し、今やベストセラー作家。ホームレスどころか、自宅を購入するほどの成功者となった。さらに自身の体験をもとに、ホームレスや動物のための慈善事業に従事している。


 メガホンを取ったのは、『シックス・デイ』『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』のベテラン、ロジャー・スポティスウッド。製作陣に『英国王のスピーチ』のポ―ル・ブレット、ティム・スミス、『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のダミアン・ジョーンズら。


 カメラはボブの生き生きした表情はもちろん、ロンドンの観光名所の数々や、それとは対照的にジェームズたち低所得者層の暮らす地域の虚ろな空気も映し出す。ハッピーでかわいいだけでなく、ホームレスの窮状や薬物依存者の絶望なども率直に描いた同作品。猫好きの人はもちろん、人生の“セカンドチャンス”を待つ人にとっても、胸を打つ作品だろう。

 

映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』
配給:コムストック・グループ
8月26日(土)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国公開
原作本『ボブという名のストリート・キャット
発行:辰巳出版
著者:ジェームズ・ボーエン 訳:服部京子
価格:1,728円(税込)
sippo
sippo編集部が独自取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

病院が苦手なネコも、健康のために定期的に動物病院で受診しましょう。Instagramで動物病院の写真投稿を募集中!投稿1件につき100円を不幸な猫のために寄付します。

Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。