また猫の死体 公園の植え込みに頭と脚1本、刃物で切断

(写真は本文と関係ありません)
(写真は本文と関係ありません)

 滋賀県警近江八幡署は22日、竜王町薬師の県希望が丘文化公園で、刃物で切断されたネコの死体が見つかった、と発表した。署が動物愛護法違反の疑いで調べている。


 20日午後2時30分ごろ、除草作業をしていた公園の男性職員(64)が植え込みの中に、ネコの頭と脚1本があるのを見つけ、21日に署に通報した。獣医師が22日に確認し、刃物で切断されたことがわかったという。


 6月29日に草津市内で、7月9日と17日に栗東市内で、切断されたネコの死体が見つかっており、署が関連を調べている。

 

<関連記事>

また…同じエリアで連続ネコ殺し? しっぽ周辺に切られた跡 地蔵のほこらの裏で発見、警察が捜査

民家の庭に頭部と前脚のないネコの死体 シバザクラの上に置かれ、住人が発見 動物愛護法違反の疑いで捜査

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。