殺処分ゼロへ、セカオワの「汽車」登場 ツアーのオブジェを寄贈

(写真は本文と関係ありません)
(写真は本文と関係ありません)

 鉄道のない広島県神石高原町に、「汽車」がやってきた――。寄贈したのは人気バンド「SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)」(セカオワ)。昨年の全国ツアーで使用されたオブジェだ。セカオワは動物の殺処分ゼロをめざすNPO法人を支援しており、PRになればという思いが込められているという。


 セカオワは、犬の殺処分ゼロに取り組むNPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」(PWJ)とともに、昨年から動物殺処分ゼロ支援プロジェクトをスタート。支援ソング「Hey Ho」や支援ライブの収益などを寄付。募金も含めた寄付額は、昨年度末で約9750万円に上る。


 オブジェは高さ約3・7メートル、長さ約4・8メートル、幅約2・5メートルの木製。昨年の全国ツアーで会場入り口に飾られたもので、体験型観光公園「神石高原ティアガルテン」(上豊松)に設置され、21日から公開された。同公園はPWJの犬舎に隣接。PWJも運営に協力していることから、神石高原町を訪れるきっかけになればと寄贈されたという。

 

セカオワの全国ツアーで使われた汽車のオブジェ=神石高原町上豊松
セカオワの全国ツアーで使われた汽車のオブジェ=神石高原町上豊松

 PWJのプロジェクトリーダーの大西純子さん(45)は「この公園は動物と人との共生を考える場所。セカオワの汽車を見ていただき、殺処分をなくすというメッセージが広く伝われば」と話した。


 入園料500円(小学生以上、3カ月間利用可)。問い合わせは、神石高原ティアガルテン(0847・82・2823)へ。


(広津興一)

 

<関連記事>

明るくフラットに伝えたい 殺処分ゼロめざすセカオワ、PWJと対談

セカオワ、犬などの殺処分ゼロへ活動 支援ソング収益をピースウィンズ・ジャパンへ

朝日新聞
朝日新聞の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。