犬猫引き取り業者を略式起訴 登録せず、予防接種も受けさせず

(写真は本文と関係ありません)
(写真は本文と関係ありません)

 大田原区検は20日、矢板市の動物取扱業白取一義容疑者(61)を狂犬病予防法違反(未登録・予防注射の未接種)の罪で大田原簡裁に略式起訴した。


 起訴状によると、白取容疑者は2016年4月に矢板市の敷地内でシバイヌ1匹を取得したが、市への登録や狂犬病予防接種を受けさせなかったとされる。公益社団法人「日本動物福祉協会」(東京都品川区)が同月に刑事告発し、県警が16年10月に動物愛護法違反と狂犬病予防法違反容疑で書類送検していた。動愛法違反容疑は20日付で不起訴処分となっている。


 白取容疑者は犬猫の引き取り業者を経営。朝日新聞の取材に対し、「年間で100~200匹の犬猫を譲り受け、一部を販売していた」と話していた。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。