安らかに…お手柄の警察犬が眠る霊園 警視庁が慰霊祭

慰霊碑に向かって敬礼する鑑識課員と警察犬=東京都板橋区
慰霊碑に向かって敬礼する鑑識課員と警察犬=東京都板橋区

 警視庁の警察犬の慰霊祭が20日、東京都板橋区舟渡4丁目のペット霊園「東京家畜博愛院」で開かれ、露木康浩・刑事部長ら約20人が慰霊碑の前で手を合わせて供養した。


 同庁によると、昨秋以降、新たに埋葬されたのは6~11歳の4頭。昨年9月に死んだジャーマンシェパードのベン号(オス、7歳8カ月)は2015年11月、八王子市内で行方不明になった当時8歳の女児を発見するなど数々の功績を残した。


 渡会幸治・鑑識課長は「鑑識課の一員として多大な結果を出した。ありがとう、お疲れ様でしたという感謝の気持ちを込めて供養した」と話した。


 同庁は1968年に慰霊碑を建立して以降、毎年春と秋の彼岸に慰霊祭を開催。今回も含め、計246頭が埋葬されている。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。