廃校になった木造校舎を見守り続ける 猫校長「たかね」

ランドセルや教科書が置かれた1年生の教室に座る猫校長「たかね」
ランドセルや教科書が置かれた1年生の教室に座る猫校長「たかね」

 長野県南信濃。リンゴの名産地として知られる飯田市に、旧木沢小学校はある。赤い屋根、白塗りのポーチが愛らしい木造校舎。開校は1872年。1991年に休校になるまでの約120年間に輩出した卒業生はおよそ2千人だ。

 築85年ほどの校舎は現在、卒業生有志らでつくる「木沢地区活性化推進協議会」の尽力で保存され、観光客と住民とが交流する場に生まれ変わった。

 そんなのどかな学び舎に8年ほど前、赴任したのがキジトラネコの「たかね」校長だ。

 同協議会の代表、松下規代志さん(78)は話す。

「やっと目が開いたころに捨てられているのを駐在さんがみつけて、みんなで保護した。そのうち、飼い主が決まったが、今度はその人が体調を崩して、単身引っ越すことになって。気が付いたら、学校にすみ着いたので、またみんなで世話してるんです」


地域の広報部長も兼任

 みんなに可愛がられ、存分に食事をもらう、御年9歳の堂々たる風貌はまさに校長先生だ。

「雑誌やネットで取り上げられるようになって、遠方から会いに来る人も。名古屋のあるご夫婦なんて、たかねにいくらか遺産を残す、なんて言ってますよ(笑)」と松下さん。かつて職員室だった部屋にはわらで編んだネコつぐらと、ネコ用ベッドが置いてある。ベッドには「たかねネコ校長 教員住宅」のタグが。

「コマーシャルのロケに使われたりもしましたが、やはりたかねが知られるようになったことで、訪れる人ががぜん増えました」

 ご飯係だという前澤憲道さん(68)が姿を現すと、たかねはいそいそと後を追う。

「皆さんがおいしいペットフードをたくさん、持ってきてくれる。ありがたいんだけど、このごろ贅沢になって。地元のホームセンターで売ってる餌じゃ、食べてくれなくなった(笑)」(前澤さん)

 お世話係の苦悩もどこ吹く風。フレンドリーな校長先生は“登校”してくる人たちを今日も淡々ともてなしている。


教室にはたかね校長の似顔絵や写真も多数飾られている
教室にはたかね校長の似顔絵や写真も多数飾られている

(AERA増刊「NyAERA」から)

(文:浅野裕見子、写真:伊ケ崎忍)

まるごと1冊「猫」を特集したAERA(朝日新聞出版)の増刊「NyAERA(ニャエラ)」から選りすぐった記事です。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。