三毛猫の「よんたま」登場、まず「見習い」 ニタマ駅長の下

駅長見習いとして勤務する「よんたま」=和歌山県紀の川市貴志川町
駅長見習いとして勤務する「よんたま」=和歌山県紀の川市貴志川町

 三毛猫の駅長で知られる和歌山電鉄に、新たに同じ三毛猫の「よんたま」(メス、生後8カ月)が「駅長見習い」として加わることになった。5日、貴志駅(和歌山県紀の川市)で小嶋光信社長から辞令が交付された。

(末尾に写真特集があります)

 同電鉄では、絶大な人気を誇り、社長代理にまで出世した初代の「たま」駅長が一昨年6月に16歳で死んで以来、部下だった「ニタマ」(メス、6歳)が後を継いだ。ニタマは現在、「たまⅡ世駅長」を名乗って活躍しており、よんたまはニタマの部下として、ニタマが公休日の水曜と木曜に伊太祈曽(いだきそ)駅(和歌山市)で午前10時から午後4時まで勤務する予定。

「さん」ではなく「よん」となったのは、同電鉄の親会社にあたる岡山電気軌道(岡山市)に、PR役として同じ三毛猫の「SUN(サン)たまたま」がいるためという。

(真田嶺、浅沼愛)

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。