創業131年の酒蔵 元野良の3代目看板猫がおもてなし

リラックスモードのミー太君
リラックスモードのミー太君

 新潟の奥座敷と呼ばれる岩室温泉にある、創業131年目を迎える宝山酒造には、三代目看板猫のミー太君(推定9~10歳♂)がいます。雪深い場所なだけに、近所でノラ猫を見かけることは少ないといいますが、ノラ出身のミー太君はどこからともなくふらりとやって来て、何度かごはんをあげているうちに居着くようになり、ちゃっかり三代目看板猫の座に落ち着いてしまったとか。

 これまでも先代の看板猫が2匹いたので、決して猫嫌いではないはずですが、四代目蔵元の渡邉誠志さんは「自分は特に猫好きというわけではないんですが、娘が冬の寒い時期にミー太を外に出すのはかわいそうだと言いましてね……」と笑います。ミー太君が住み着いてすでに7~8年が経ち、誠志さんがダイレクトメールに〝猫便り〟をつづるようになると、ミー太君の認知度もぐんと上がり、今ではわざわざ会いに来るお客さんもいて、ミー太君宛にお中元やお歳暮、年賀状まで届くというからすごいです。

「ようこそ宝山酒造へ!」
「ようこそ宝山酒造へ!」

 現在五代目蔵元として宝山酒造自慢の〝淡麗旨口〟の日本酒を丹精込めて造り、広報も担当している息子の桂太さんは、自腹でミー太君のカラーフォトブックまで作り、せっせとお客さんに配ってしまうほどの猫好き。誠志さんは「ミー太は猫好きの方をきちんと見分けて寄って行くんです。猫嫌いの方には決して近づきません」と話します。ミー太君は相手が猫好きと見るや小走りで駆けて行き、スリスリして手をペロペロ舐め、ゴロンと転がりお腹まで撫でさせてくれて、抱っこもさせてくれるというおもてなしぶり。三代目看板猫の歓待にイチコロになること請け合いですが、なにぶん自由気ままな性格だけに、気分次第でいたりいなかったりするので悪しからず!

(取材・平野敦子)

宝山酒造

●新潟県新潟市西蒲区石瀬1380
●TEL 0256-82-2003
●営業時間/9:00~12:00、13:00~16:30
●定休日/不定休
http://takarayama-sake.co.jp

辰巳出版が隔月で発行している猫専門誌です。猫愛にあふれる企画や記事の質に定評があります。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

この特集について
from猫びより
猫専門誌「猫びより」(辰巳出版)から提供された記事を集めた特集です。専門誌ならでは記事や写真が楽しめます。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。