「イケメンゴリラ」、今年もトップ逃す 東山動植物園

「イケメンゴリラ」シャバーニ
「イケメンゴリラ」シャバーニ

 テレビCMやハリウッド映画の日本版ポスターに登場するなど、ひっぱりだこの「イケメンゴリラ」シャバーニ。だが、所属する東山動植物園(名古屋市千種区)の人気投票では、ゾウとコアラに惜敗した。女性票を集めたものの、「子ども票」で後れをとったようだ。

 人気投票は1968年に始まり、30年前から2年ごとに開催。今回は22回目だ。10月の来園者が投票し、約3万3千票が集まった。

 シャバーニを擁するゴリラは3位。初回と2回目以来3度目となる首位を逃した。トップは2回連続7回目のゾウで、2位はコアラだった。

アジアゾウ親子のアヌラ(右)とさくら
アジアゾウ親子のアヌラ(右)とさくら

 園によると、若い女性のゴリラファンが明らかに増えたという。ただ、子どもは少し違うそうだ。広報の石川恭之(たかゆき)さん(33)は「子どもはゴリラよりも、絵本やテレビでよく目にするゾウやコアラなどを好きな動物に思い浮かべるのでは」と話す。

 戦後、ゾウを見るために子どもを乗せたゾウ列車の話はよく知られている。前動物園長の橋川央(ひさし)さん(62)は「開園時から約80年ゾウを飼育し、人気もずっと続いている」と話す。2013年には、園で初めてゾウの出産にも成功した。

 コアラも84年の来園以来1、2位を争う人気。園の獣医師、今西鉄也さん(45)は「1日18~20時間も木の上で寝ているのに人気を集めるとはすごい」と話す。

メスのコアラのティリー
メスのコアラのティリー

 そんな人気の「東西横綱」を相手にゴリラも健闘。ゾウと131票差、コアラと77票差で前回の7位から順位を上げた。広報の石川さんは「子どもには絶滅危惧種のゴリラにも関心を持ってほしい」と話す。

(神野勇人)

<2016年の人気ベスト10>

順位 動物名        票数

1  ゾウ       3520
2  コアラ      3466
3  ゴリラ      3389
4  キリン      2980
5  ライオン     2585
6  ペンギン     2138
7  トラ       1969
8  シンリンオオカミ  878
9  ホッキョクグマ   798
10 カバ        697

(総投票数33176票 ※1人3票まで)
朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。