猫は実は甘えん坊だった! 飼ってみて分かった嬉しい誤算

そっけない顔で、猛烈に甘えるモモ
そっけない顔で、猛烈に甘えるモモ

 猫は気分屋でそっけない、なんて聞きますが、我が家の猫は甘えん坊だと思います。

 甘えるという感情は、どうして起きるのか、いつも不思議に思います。子どもがお母さんに甘えるのと同じなのでしょうが、自分自身に置き換えても、あまりに昔過ぎてその感情が思い出せません。

 では、私も自分より10倍くらい大きな生き物に飼われていたら、飼い主に甘えたくなるのでしょうか……。想像してみましたが、自分より巨大な生物に飼われるなんて、甘えるというより、恐怖でしかありません。自分に置き換えても意味がありませんでした。

 とにかく猫らは毎日甘えてきますが、2匹それぞれ甘え方は違います。

 初対面の頃から人懐っこい猫のあんずは、人間が家にいると、ほとんど近くにいます。

 ひざに乗ったり、身体をぴったりつけたり、おしゃべり(ニャオと鳴く)して、なでろとせがんだり、分かりやすい甘えです。

 究極の甘え行動“ふみふみ”は毎日の日課です。ソファにいる私の脇腹やお尻の横の部分を両手でふみふみ、ふみふみと、ゴロゴロと喉を鳴らしながら、飽きずに延々やっています。もっと強めに踏んでくれれば、コリの解消にもなりますが、力が弱いのでいやし以外の効果は今のところありません。

 名前を呼べば、眠い時以外は返事をするし、まるで犬のようなあんずです。

 一方、人見知り&猫見知りで、ビビり体質のモモは、突然猛烈に甘えだします。

 さっきまで寝ていたのに突然、高い声で鳴きながら足元にまとわりついてきたり、お腹を見せて“かわいさアピール”をしたり……。あんずがいつも一定に甘えているのに比べて、モモは瞬間的に強く甘える印象です。

 モモが特に甘えるのは、朝ごはんを食べた後と、私が寝る準備を始めたときです。

 私が寝る前はソワソワし出して、まだ寝ないで~と言っているかのように、足にまとわりついたり、寝室前に先回りしたり、私が寝室に引っ込むのを阻止しようとします。

 その時、私が寝ずにソファに座ると、安心したようにそばに座ります。座るだけで、それ以上甘えないのも、また不思議です。

 また、室内干しをしているときは、なぜか必ず駆け寄ってきて、甘え声を出しますが、こればっかりは、理由が分かりません。

 猫という生き物は、人間に対してつかず離れず、もっとそっけないと思っていましたが、飼ってみると、大人になっても甘えん坊であることは意外な発見でした。

 確かにほとんどの野良猫はそっけないけど、家猫の場合は、甘えん坊であることが多いのかもしれません。猫を飼ったのは今の2匹が初めてなので、統計的な話は分からないけど、私にとっては嬉しい誤算でした。

(ヤスダユキ)

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

猫にオーガニックフードはいいの?

キャットフードでもグレインフリーやオーガニックが話題です。猫の食べ物についての疑問に、猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が答えます。

この特集について
猫アレルギーですけど
普通の家で飼われている猫「あんず」と「モモ」。飼い主の主婦が、2匹との生活や発見をユニークな視点で切り取る人気連載です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。