家猫より胴長短足、ツシマヤマネコのトラジロウ

ツシマヤマネコの「トラジロウ」=盛岡市動物公園提供
ツシマヤマネコの「トラジロウ」=盛岡市動物公園提供

 ツシマヤマネコは対馬(長崎県)にいる野生のネコの仲間です。2010年代前半の調査で野生の個体が70~100頭しかいないと推定され、最も絶滅のおそれが高い種の一つです。今年7月現在、国内10施設で計35頭が飼育されており、盛岡市動物公園にはオス1頭。健康診断など個体管理が義務づけられ、絶滅が危惧されることを知ってもらおうと展示しています。


 14年に来園した「トラジロウ」は14歳と高齢で体重は3・8キロ。大きさは一般的なイエネコと変わりません。ツシマヤマネコはイエネコと比べるとやや胴長短足、耳の後ろには白い斑点があり、額に縦じま模様があるのが特徴です。

 

ツシマヤマネコの「トラジロウ」=盛岡市動物公園提供
ツシマヤマネコの「トラジロウ」=盛岡市動物公園提供

 トラジロウは朝、爪研ぎを終えたら辺りに尿をスプレー状に吹きかけてマーキングするのがお決まり。木陰で休んでいることが多く、いろいろな種類の木を植えている運動場では目を凝らさないと、どこにいるのか見つけづらいです。


 園では9月8~25日、ツシマヤマネコの生態や生息環境を知らせるパネル展を開催します。最終日の25日は「ツシマヤマネコデー」として、食事観察を含む飼育係によるガイドや工作会などがあります。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫の健康バロメーター“おしっこ持参検査”始めませんか?

 猫の8割がかかるといわれる慢性腎臓病。知らず知らずのうちに進行するため、飼い主さんの健康管理が猫の寿命にも関わります。対策について、詳しく話を聞きました。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。