猫の絵ばかり描くNY路上の画家 映画「ミリキタニの猫」

マサ・ヨシカワさん。バイキング風の帽子をかぶる理由は「ドキュメンタリーは硬いと思われたくないので」=東京都渋谷区
マサ・ヨシカワさん。バイキング風の帽子をかぶる理由は「ドキュメンタリーは硬いと思われたくないので」=東京都渋谷区

 米ニューヨークの路上で絵を売って暮らす日系米国人の数奇な人生をたどった2006年制作のドキュメンタリー「ミリキタニの猫」が、27日から東京・渋谷の映画館ユーロスペースで上映される。主人公のジミーは映画ができて6年後、92歳で生涯を終えた。映画作りに関わり、最期をみとったマサ・ヨシカワさんが「今の若い世代にも見てほしい」と10年ぶりのリバイバルを企画した。

 撮影が始まったのは01年1月。監督のリンダ・ハッテンドーフさんが、公園で猫の絵ばかりを描くジミー・ミリキタニさんと親しくなり、「撮ってくれ」と頼まれる。仕事の行き帰りにハンディカメラを携えて立ち寄り、風変わりなホームレスの日常を撮り始めた。

 その年の9月11日。世界貿易センタービルに旅客機が突っ込んだ。崩れ去ったツインタワーの粉じんとパニックのなか、ハッテンドーフさんはジミーを放っておけずにアパートに招き入れる。同時テロ後、寛容さを失う米国社会を報じるテレビ番組を眺めるジミーが自身の絵を示しながら、ぽつりぽつりと人生を語る。

 山に囲まれた日系人強制収容所。炎に包まれた広島の原爆ドーム。第2次大戦時、自分を含め多くの日系人が収容所に入れられたこと。市民権を剝奪(はくだつ)されたこと。子ども時代を過ごした広島に原爆が落ちたこと。親戚や友人ら多くの命が奪われたこと。簡素な英語で言う。

「No war! World peace!」

 マサさんが関わったのは02年から。ニューヨークを拠点に映像製作のコーディネーターとして働き、映像関連の催しでハッテンドーフさんに声をかけられた。絵に記された言葉の翻訳や、ジミーの話を裏付けるために日本語ができる協力者が必要だった。戦争、テロ、人種差別、ホームレス、アート……。様々なテーマを併せ持つジミー。何より個性的な生き様に、マサさんもひかれていった。

 映画は06年から世界各地の映画祭などで上映され、数々の受賞をした。07年3月に米国で劇場公開されると、ニューヨークで6週間のロングランを記録し、同年9月に公開された日本でも4万人近くを動員した。

 ジミーは公開前に数十年ぶりに来日し、広島市で平和記念式典に参加。育ててくれた親戚の家族と戦後初の再会を果たした。日米各地で個展も実現し、画家としても日の目を見た。映画が変えたその後の人生を楽しんでいたという。


■「その後」描いた短編も同時上映

 亡くなったのは12年10月。入居する福祉施設で転んで頭を打ち、数週間後に息を引き取った。ハッテンドーフさん、マサさんら3人が立ち会った。

「出会いと小さな奇跡がいくつも重なってできた映画。完成後もいくつもの出会いがあった」。マサさんは映画が縁でつながったジミーを知る人たちに思い出を語ってもらい、広島市の三力谷(みりきたに)家の本家を訪ねてルーツを聞き、21分の短編にまとめた。本編と2本立てで上映する。

 映画ができて10年。欧州など世界各地でテロが相次ぎ、人種差別や移民排斥の動きが広がる。「今こそ見てほしい」とマサさん。平和を願い、大都市の片隅で絵を描き続けた老画家への追悼の思いを込めて。

(井上恵一朗)

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。