犬のふん放置にイエローカード 倉敷市が条例制定

旗タイプのふん害対策「イエローカード」
旗タイプのふん害対策「イエローカード」

 放置された犬のふんのそばに撤去を呼びかけるメッセージを置く「イエローカード作戦」を、岡山県倉敷市が進めている。3タイプあるカードを町内会などの団体に無償提供し、地域ぐるみで取り組んでもらうふん害対策で、12月28日まで参加団体を募っている。


 市は、2012年に施行された「市飼い犬ふん害防止条例」で、ふんの放置を禁止している。昨年度、初めてイエローカード作戦を実施したところ、町内会や婦人会、企業など102団体が参加。アンケートに応じた58団体の9割が「効果があった」と回答した。

 

立体タイプのふん害対策「イエローカード」
立体タイプのふん害対策「イエローカード」

 今年度も150団体程度を募集。すでに約20団体から応募があった。申請書を出すと、旗や立体、カードの3タイプあるイエローカード計50枚までと、ふんの回収袋、軍手、スコップなどを市が提供してくれる。ふんのそばにカードを置いたら2週間ほど経過を観察し、地域の目があることを飼い主に伝え、撤去を促す。


 担当の市環境衛生課は「ふんの放置は町の美観を損ない、衛生上も問題があるので絶対にやめてほしい」と呼びかけている。問い合わせは同課(086・426・3361)。


(三浦宏)

 

カードタイプのふん害対策「イエローカード」
カードタイプのふん害対策「イエローカード」
朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。