美ウサギ日本一「ニルヴァーナ」 毛並み自慢

「Best In Show」に選ばれた「ニルヴァーナ」=兵庫県南あわじ市の淡路ファームパーク・イングランドの丘
「Best In Show」に選ばれた「ニルヴァーナ」=兵庫県南あわじ市の淡路ファームパーク・イングランドの丘

 兵庫県南あわじ市八木養宜上の「淡路ファームパーク・イングランドの丘」で飼育されているウサギの「ニルヴァーナ」(メス、品種ベルジアンヘア)が、ウサギの品評会「第51回ラビットショー」で、総合1位にあたる「Best In Show」に選ばれた。


 大会は5月22日に大阪で開かれ、全国から15品種、約110匹がエントリー。姿や形、性質などが審査対象で、国際組織「アメリカうさぎ協会」(ARBA)が定める品種ごとの理想に最も近いウサギが評価される。


 ベルジアンヘア(原産国ベルギー)は細長い脚と、背中から腰にかけて湾曲した「フルアーチ」と呼ばれる独特の体形が特徴。飼育担当者らはこまめに爪を切ったり、つやのある毛並みを整えたりするなど管理に気を配った。


 ニルヴァーナは、品種ごとの1位に選ばれた15匹の中でも一番美しいという評価を受け、日本一の「美ウサギ」になった。

 

品評会で贈られたカップなど=南あわじ市の淡路ファームパーク・イングランドの丘
品評会で贈られたカップなど=南あわじ市の淡路ファームパーク・イングランドの丘

 イングランドの丘からは、過去にも別の品種で大会に出場したことはあるが1位は初めて。飼育係長の後藤敦さん(33)は「受賞は予想しておらずびっくりした」と振り返る。


 ニルヴァーナは園内の「ラビットワーレン」で飼育されており、見学できる。問い合わせは同園(0799・43・2626)。


(大塚加織)

 

 

■メ~名「あずき」 4月誕生の子ヒツジ

一回り大きくなった「あずき」=南あわじ市の淡路ファームパーク・イングランドの丘
一回り大きくなった「あずき」=南あわじ市の淡路ファームパーク・イングランドの丘

 園内で4月に誕生した子ヒツジ(メス)が、「あずき」と命名された。顔や脚が黒く、父「ひじき」に似ていることなどが理由。来園者から候補を募り、園が選んだ。体重は10キロを超え、すくすく元気に育っているという。

朝日新聞
朝日新聞の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。