殺処分半減するも犬55匹、猫676匹 2015年度、岩手県

(写真は本文と関係ありません)
(写真は本文と関係ありません)

 岩手県は3日、2015年度に殺処分された犬は55匹で、前年度(105匹)と比べてほぼ半減したことを明らかにした。猫は676匹で、前年度(1088匹)から約4割減った。新たな飼い主が見つかるなどして引き取られたケースが増えたという。
 

 この日開かれた県動物愛護推進協議会で報告した。県によると、保健所が引き取ったり、捕獲・収容したりした犬は341匹。猫は906匹。

 

 殺処分されたうち、離乳前など幼齢期は犬が6匹、猫は244匹だった。保健所に哺乳など幼齢期の世話をできる態勢が整っていないためだ。
 

 報告を受けた委員からは、「動物愛護のボランティアには、離乳前の犬や猫を育てられる人がいるはず。命のリレーをして小さい命を救ってほしい」などの意見が出た。
 

 県は殺処分数を減らすため、新たな飼い主探しや、ボランティアとの協力態勢の構築に力を入れていく考えを示した。

 

(角津栄一)

 

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。