たぬき猫にゃん太郎、観光大使に任命 鹿児島

任命式をよそに石碑の上でくつろぐにゃん太郎=鹿児島県霧島市隼人町嘉例川のJR嘉例川駅
任命式をよそに石碑の上でくつろぐにゃん太郎=鹿児島県霧島市隼人町嘉例川のJR嘉例川駅

 鹿児島県内最古の木造駅舎で知られるJR嘉例川駅(霧島市隼人町)に1匹の猫がすみつき、人なつっこい性格で観光客や地元住民の人気者になっている。まちおこしに取り組む団体は5日、見る人の心を癒やし、地域の魅力を発信してもらおうと、猫を「嘉例川観光大使」に任命した。

 

(末尾にフォトギャラリーがあります)

 

 この猫は4~5歳のオス。嘉例川地区活性化推進委員会(山木由美子委員長)が、タヌキに似ていることから、「たぬき猫 にゃん太郎」と名付けた。
 

 山木委員長によると、猫は昨年11月末ごろ現れた。右耳に去勢手術を受けた印があり、キャットフードを好んで食べることから、元々飼い猫だったらしい。
 

 住民が食べ物を与え、寝床や布団などを提供して世話を続けるうち、「所帯道具」が増えていった。「すぐにいなくなるかなと思ったが、駅が気に入ったのか、そのうちにすみつき、幸福を運ぶ招き猫になった」と山木委員長は目を細める。
 

 5日、嘉例川駅であった任命式。近くの市立中福良小6年の松下優太君と4年の川口柚乃さんが「にゃんにゃーにゃんにゃにゃ」「観光大使に任命する」と「猫語」を交えながら任命証を読み上げた。食事中だったにゃん太郎に代わり、山木委員長が受け取った。
 

 来賓の時任英寛市議は「大使就任を心からお祝いします」とあいさつ。にゃん太郎がそっぽを向いたため、「にゃん太郎さん、あなたのことなんですけど……」と苦笑いしていた。
 

 JR九州は庭付きの猫ハウスを贈呈。少々お疲れ気味のにゃん太郎は「新居」に入ると、気持ちよさそうに居眠りした。
 

 山木委員長は「大使就任をみなさんが喜んでくれてうれしい。にゃん太郎を温かく見守って」と話していた。

 

(大久保忠夫)

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

よくある猫の嘔吐。しっかり学んで、受診の判断を見極めよう

「まなびばsippo」では、わかりやすいオンライン講義で、嘔吐など、猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。たくさんの講義が見放題で、毎月のライブで質問もできる月額会員がオススメ。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。