犬猫「殺処分2年連続ゼロ」 ただし1000頭収容 神奈川

(写真は本文とは関係ありません)
(写真は本文とは関係ありません)

 神奈川県は、動物保護センター(平塚市)で2015年度の犬猫の殺処分数が、14年度に続いてゼロになったと発表した。犬は3年連続。だが、収容数が犬猫合わせて年度内に1千匹を超えている現状もある。

 

 県によると、15年度に飼育不能や所有者不明などでセンターに収容された犬は396匹、猫は623匹。犬が683匹、猫が1180匹だった12年度から減少傾向にあるが、一定の収容数が続いている。

 

 黒岩祐治知事は「(殺処分数)ゼロは誇らしいことだが、犬猫の迷子や遺棄を減らし、しっかりと飼育してもらうことが一番大事」とし、引き続き収容数減少や、ボランティア団体との連携で譲渡推進に取り組む考えを示している。

 

 同センターは横浜と川崎、相模原、横須賀、藤沢の各市を除く市町村を管轄。県は殺処分室を置かない建て替えの主な費用を募金で賄う計画だ。昨年度は目標の1億円の4割しか集まらず、今年度は3億円を目標額に掲げている。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。