相撲部屋の猫親方 甘えん坊のムギ、力士の上でお昼寝

ムギ。立派なお相撲さん体形だ
ムギ。立派なお相撲さん体形だ

「猫親方」こと雑種の雄猫モル(11歳)が、稽古場で力士たちに睨みを利かせる相撲部屋の荒汐部屋。飼い犬の三吉(雄、13歳)もいるが、ほかに、もう一匹、猫がいる。それは雑種の雄猫ムギ(7歳)だ。

 

(末尾に写真特集があります)

 

  近くの駐車場にうずくまっているところを力士が保護した。体はモル以上に大きいが、気はとても小さい。

 

「ムギは3階で力士と暮らしていて、シャイで一歩も部屋から出ません」

 

 と、おかみさんの鈴木ゆかさん(54)。荒汐部屋は、1階が稽古場、2~3階が力士たちの部屋、4~5階が親方夫妻の部屋となっており、4階には三吉も住む。もう一匹の猫であるモルは稽古場から外まで、どこでも自由に行き来する。

 

稽古後に昼寝する福轟力とムギ。ムギはなぜか、いつも顔の上に尻尾を乗せる=福轟力提供
稽古後に昼寝する福轟力とムギ。ムギはなぜか、いつも顔の上に尻尾を乗せる=福轟力提供

 一方のムギは甘えん坊で、寝る時は力士のおなかに乗ったり布団に潜ったり。あろうことか、昼寝中の力士の顔の上にお尻と尻尾を載せて眠ることもある。その仲良しの「寝姿」をツイッターにアップした三段目の福轟力さん(28)はニコニコして話す。

 

「ムギは僕のことが一番好き(笑い)。いやたぶん皆、自分こそ一番だって思ってるはず」

 

 ムギは怪我した力士に寄り添って寝ることもあるそうだ。

 

 モルも、ムギも、皆を愛し、愛されているのだ。

 

 稽古後に2階で食事をする他の力士たちにも猫について聞いてみると……

 

 序二段の廣瀬さん(27)は「時々踏みそうになるけど踏んだことはない」と笑いながら、こう話す。

 

「7年前に部屋に来たとき、もうムギがいた。夜、一緒に寝る時がある。でも、私の腕にムギが手をかけるので爪が当たって痛い。痛いけどうれしい(笑い)。実家にいた犬を思い出すんで」

 

 序二段の力山さん(22)も、入門したとき、すでにムギがいた。

 

「もう空気っていうか、いるのが当たり前で、ペットというか仲間みたいです」

 

ムギが力士たちと寝る部屋=荒汐部屋
ムギが力士たちと寝る部屋=荒汐部屋

 女将のゆかさんは、しみじみと言う。

 

「男所帯の勝負の世界。時に殺伐として言葉も足りない。そんな中でムギやモルが果たす役割は大きいのでは。家族と離れ、ペットとも別れてくる子にとっては安らげる存在でしょう」

 

 犬猫たちが、人と人の「クッション」の役割も果たしている、とも見る。たとえば、入門したてで緊張続きの子が、「厳しい先輩が猫と触れ合っている姿」を見て、そうか、こういう面もあるんだな、と心をほぐす瞬間があったという。三吉も、日に2回の散歩は力士たちが交代でする。猫と犬が皆をつなげ、ひとつの大きな輪となっている。

 

 さて、大相撲五月場所は8日から22日まで。地方開催の本場所の場合は三吉だけ連れて行き、モルやムギは留守番だ。だが今回は両国なので、傍らで見守ってくれる。

 

 勝ち星をいっぱい頼むよ!

 

 猫親方はそう願っていることだろう。

 

(藤村かおり)

 

◇前編はこちら

sippo
sippo編集部が独自に取材した記事など、オリジナルの記事です。

sippoのおすすめ企画

太田記者「まなびばsippo」ライブ配信。毎月開催!

太田匡彦記者が、動物愛護の最新動向や注目ポイントを分かりやすく解説するライブ配信を毎月行います。初回は5/20(水)20時、テーマ:数値規制。アーカイブも見られます。「まなびばsipppo」(月額1000円)に申込下さい。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。