モデル・SHEILAさん「犬も愛情をかければ伝わる」

SHEILAさんとヴル(7歳)。ヴルとLOVE(14歳)はチワワのオス。デリケートなLOVEは取材の日は家で留守番=門間新弥撮影
SHEILAさんとヴル(7歳)。ヴルとLOVE(14歳)はチワワのオス。デリケートなLOVEは取材の日は家で留守番=門間新弥撮影

 子どもの時からずっと犬を飼いたかったのですが、親が許してくれなくて。今の夫とつきあい始めた頃のクリスマスに、「欲しいものは?」と聞かれて、すぐに「犬」って答えたんです。14年前、生後間もない「LOVE」が家にやってきました。
 

 見た目は熊の赤ちゃんみたい。でも親から早めに離されたのか、ビクビクして震えてばかり。性格なんでしょうね。私と夫以外の人を怖がって、大きくなっても身内にしかなつかない。すぐに吠(ほ)えたり咬(か)んだりしちゃうんです。2匹目を、って探してからもLOVEとの相性を考えるとなかなか。ところが7年後に、見た瞬間「あっ、この子だ」という犬と出会った。それが「ヴル」です。
 

 ヴルは最初からおなかをベローンと出して寝るぐらい人なつっこい。2匹は一定の距離を保ちながらも、うまくやっています。
 

 我が家にも長女と長男が誕生し、今は4人の子どもがいるみたい。ペットを飼うって子育てにもつながるねって友達と話すのですが、愛情をかければちゃんと伝わる。こちらのこともよく見ていて空気もすごく読みますしね。
 

 4歳と2歳の子どもたちは、動物と接することで思いやる気持ちが育つ。今思えば私自身、LOVEをしつけようとして犬のストレスになっていることに気づき、「じゃあ好きにしていいよ」って向き合うようにしたらLOVEの方が察してくれるようになった。育児と同じだなって思います。
 

 そのLOVEも14歳になってだいぶ性格が丸くなりました。世話のため夫とは十数年一緒に旅行できていないけど、春には4人と2匹の家族で旅行したいです。

 

(文・中島秀憲)

 

シェイラ
1973年生まれ。モデル。父は日本人、母はキューバ人。「怒らない=O」「気をそらす=K」育児法の本「ママが変わる! SHEILAのOK育児でノンストレス」が発売中。

 

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

投稿コーナー「朝ワンコ・夕ニャンコ」 犬と猫の写真を大募集!

「朝ワンコ・夕ニャンコ」は、みなさまに投稿していただいた写真でつくるコーナーです。かわいいワンコ、ニャンコを毎日1匹、日替わりでご紹介します! sippoの今日の「かお」になりませんか?

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。