健康寿命を保つための5つの約束① 準備期

はやる気持ちを抑えて、
ここはじっくり準備を

犬や猫との暮らしを思い立ったら、まずするべき準備がある。
家族に合っているのは犬? 猫?
ライフスタイルと相性がいい犬種や猫種は?
考えるべきことが目白押し。迎える準備を整え、
これから始まる犬や猫との生活の、幸せな一歩を踏み出して。
(文=福光 恵 中村千晶 イラスト=谷山彩子)


 コンパニオンアニマル(伴侶動物)と呼ばれることも多くなった犬や猫たち。
伴侶たちの健康を守るのは、飼い主のもっとも大切な役割だ。犬や猫たちが末長く健康で、そしてみんなが幸せに過ごせるよう、家族全員が覚悟やルールを共有してから迎え入れる、そんな準備期間が必要となる。

 まず最初に慎重になってほしいのは、犬種や猫種選びだ。テレビや映画、ペットショップの店先で見かけた犬や猫に一目惚れし、衝動買いする人は少なくない。とはいえ、見た目のかわいさやサイズだけで動物を選んではいけない。犬と猫ではもちろんのこと、それぞれの種類によっても、気質や特性が大きく変わることがあるからだ。

気質や特性を知ろう

 たとえば共働きの若い夫婦の家庭と、親子3代で暮らすような大家族では、飼いやすい犬・猫の種類も変わってくる。東京大学附属動物医療センターの武内ゆかり准教授はこう話す。

「例えば獣医師界ではチワワは基本的に怖がりで、特に子どもへの攻撃性が高いことが知られています。お子さんのいる家庭では検討が必要でしょう。ミニチュアダックスは猟犬として品種改良された犬種で、小さい体から驚くほどの声を出して吠えるので、集合住宅にはあまり向きません」

 猫ではチンチラ、アビシニアン、シャム、ロシアンブルーは攻撃性が比較的高く、日本猫やアメリカンショートヘア、スコティッシュフォールドは平均的に穏やかな性格で飼いやすいとの調査データがある。犬種や猫種の決定前に、犬と猫それぞれ、また犬種、猫種による特徴を知っておくことが必要だろう。

 ここで専門家の意見を仰ぐなら、まず動物病院で相談に乗ってもらうのもひとつの手だ。家庭環境や家族構成、家族の年齢などをカウンセリングして、その家庭にとって最適な犬種や猫種を提案してくれる。動物病院は、たとえ健康な犬猫でも、幼齢期のワクチン接種に始まって、毎年の予防接種、夏のフィラリア予防など、生涯にわたって何かにつけてお世話になるところ。特に初めて犬や猫を飼うときは、何を食べさせるのか、何を用意して迎えればいいのか、またどんな名前を付けたらいいのかまで、わからないことだらけ。犬や猫についての専門知識を持つ近くの動物病院は、そんなときの心強いアドバイザー。犬や猫が我が家に来てから、と思わずに、飼うことを決めたらまず家の近くの動物病院をたずねてみるといいだろう。

さまざまな選択肢

 とくに動物をどこから入手するかは、重要な問題。猫では純血種を購入する人は少数派で、雑種猫を拾ってくるケースが普通だ。また犬も信頼できるブリーダーから直接購入したり、保護された犬の里親になることで、犬との暮らしを始める人が増えている。そのように犬猫をペットショップで購入する以外の選択肢も今やさまざま。動物病院では保護犬や保護猫を紹介してくれることも多いほか、ブリーダーの選び方などの相談にも乗ってくれる。

 もうひとつ、子犬や子猫を迎え入れる時期にも注意が必要だ。生後間もない時期の犬猫は、見た目も小さくてことさらかわいいが、そもそも子犬や子猫は、生後56日までは販売のために生まれた環境から引き離すことを動物愛護法で禁止している(附則によって2016年9月までは45日、それ以降は49日)。

 子犬や子猫は、母親の母乳に含まれている免疫抗体で、生後まもなくは多くの病気から守られるといわれる。ところがこの抗体が徐々に体からなくなり、生後60日ごろにはほぼゼロになってしまう。そこで、必要になるのがワクチンの接種だ。法律で決められた生後56日以降であっても、ワクチンが安定し、きょうだいと遊ぶなかで自身の立場を自覚するようになるまでは、家庭に迎え入れるのは早いという声も多い。

 気はせくが慌てて家に連れて帰らずに、じっくり家族で名前を考えるなど、準備の期間に充てるのがいいだろう。名付けに決まりはないが、犬の場合、犬が聞き取りやすく、人が呼びやすく、短めの名前がいいとされる。名前は、これから生涯、犬と人がコミュニケーションを取るときの懸け橋のようなもの。子犬のうちはわからないものの、同じ名前を何度も呼ばれるうち、犬はその音を聞くたびに「飼い主が何か用があるんだな」と、注意をむけ、そばに寄って褒めてもらうことを喜ぶようになる。

 

人気犬種ベスト3
そのメリット、デメリット

1位 トイプードル

2位 チワワ

3位 ミニチュアダックスフント

人気のトイプードルは、賢く、毛が抜けにくいという長所で知られる。一方、定期的なトリミングが必要というデメリットも。チワワは小さくて飼いやすいが、意外な攻撃性を持つことでも知られる。ミニチュアダックスフントなど猟犬由来の犬種は、従順だが、吠え声が大きいという飼いにくさも。

 

人気猫種ベスト3
そのメリット、デメリット

1位 スコティッシュホールド

2位 アメリカンショートヘア

3位 雑種

折れた愛くるしい耳が特徴のスコティッシュホールド。穏やかで人なつっこい性格も人気の秘密となっている。アメリカンショートヘアは、明るい性格で、犬や子どもとの同居も可能。ただし太りやすい傾向があるので注意が必要だ。

sippoのおすすめ企画

投稿コーナー「朝ワンコ・夕ニャンコ」 犬と猫の写真を大募集!

「朝ワンコ・夕ニャンコ」は、みなさまに投稿していただいた写真でつくるコーナーです。かわいいワンコ、ニャンコを毎日1匹、日替わりでご紹介します! sippoの今日の「かお」になりませんか?

この特集について
from AERA Mook「動物病院 上手な選び方」
AERAムック「動物病院上手な選び方」(朝日新聞出版)に掲載された、ペットの飼い主に役立つ記事を集めた特集です。
Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。