隔週木曜は「捨て犬の日」 行政と流通が身勝手な飼い主を生む①

全国の地方自治体で毎日、犬たちが窒息死させられ、焼却炉で燃やされている。自治体にもよるが、飼い主が捨てに来た犬は、その翌日にはほとんどが殺処分される。殺処分された犬たちは焼却炉で焼かれ、骨になる
全国の地方自治体で毎日、犬たちが窒息死させられ、焼却炉で燃やされている。自治体にもよるが、飼い主が捨てに来た犬は、その翌日にはほとんどが殺処分される。殺処分された犬たちは焼却炉で焼かれ、骨になる

命のバーゲンセールがある。命を捨てていい日がある。だから、犬を買い、そして捨てる飼い主がいる。そして今日も、捨てられた犬たちは窒息死させられていく。責任者よ出てこい--。



 2009年2月中旬の木曜日、茨城県内のある自治体庁舎の駐車場に、その犬は50歳前後の女性にひかれてやってきた。

 名前はベル。8年ほど前、女性の上の子が飼いたいといって拾ってきた、オスの雑種だという。いつもと変わらぬ散歩だと思うのか、茶色いしっぽを振って女性に寄り添うように歩く。だが、その先に待ち受けていたのは「捨て犬収集車」だった。

 隔週の木曜日、決められた時間帯、この駐車場には捨てられる犬とその飼い主が集まってくる。時には行列もできる。茨城県による捨て犬の定時定点収集が行われているからだ。

 つまりこの場所は「犬捨て場」であり、この日、この時間が「燃えるゴミの日」ならぬ「捨て犬の日」なのだ。

 定時定点収集とは、自治体が犬猫を捨てていい場所と日時を定め、それにあわせて飼い主が捨てに来る犬猫を、収集車が巡回して集める制度のこと。茨城県の場合、42カ所の「捨て犬場」があり、捨て犬が多い地域では隔週、それ以外は月に1度、「捨て犬の日」が設けられている。

殺処分機で10分、絶命

 収集車の荷台から保管用のケージが降ろされ、女性がベルをそのなかに入れようとする。異変を感じたのかベルは抵抗するが、収集業者の男性と2人がかりで押し込まれた。

 なぜ8年も一緒に暮らしたのに、捨てに来たのか。

「連れて来たくなかったのですが、家族を噛むんでどうしようもないんです」

 そう説明し、女性は立ち去っていった。その後ろ姿を、ベルはケージのなかで静かにお座りをし、しばらく見つめていた。

 女性の家ではもう1匹、2歳のラブラドルレトリバーを飼っているという。下の子がどうしても飼いたいといい、ペットショップで購入してきた。この翌日、殺処分されることになるベルとは大きく明暗が分かれた。

 飼い主に捨てられた犬にはどんな運命が待っているのか。東日本のある自治体で、殺処分の様子を取材した。

 午前9時30分、いつものように犬舎の壁が動き始め、この日は柴犬やビーグルなど9匹の犬が殺処分機に追い込まれた。

 処分機の広さは約3立方メートル。うっすらと明かりがともっている。そのなかを、犬たちは所在なげにうろうろとし、何匹かは側面にある小窓から、外の様子をうかがう。

 処分機の入り口が閉じられると、すぐに二酸化炭素の注入が始まる。犬たちはまずガタガタと震え、息づかいが荒くなる。処分機上部に取り付けられた二酸化炭素の濃度を示すメーターの数値が上がっていくと、苦しいのだろう、次第に頭が下がってくる。1分もすると、ほとんどの犬は立っていられなくなり、ゆっくりと折り重なるように倒れていく。

 酸素を吸いたいのか、何匹かの犬が寝そべったまま大きく口を開く動作をする。助けを呼びたいのか、何とか顔を上げようとする犬もいた。そんな動きも注入開始から10分がたつころにはなくなった。犬たちは目を見開いたまま、絶命していた。

身勝手な飼い主の実態

 恐らく、自分の身の上に何が起きたのか、理解できた犬はいなかっただろう。なぜ、自分がこんな目に遭うのか、わからないまま死んでいったのだろう。殺された犬たちのほとんどが、飼い主側の事情によって捨てられたのだから。

 こうして07年度には、全国で12万9937匹の犬が地方自治体に引き取られ、うち9万8556匹が殺された。

(太田匡彦 AERA 2009年4月13日号掲載)

太田匡彦
1976年生まれ。98年、東京大学文学部卒。読売新聞東京本社を経て2001年、朝日新聞社入社。経済部記者として流通業界などの取材を担当。AERA編集部記者、文化くらし報道部を経て、特別報道部・専門記者。著書に『犬を殺すのは誰か ペット流通の闇』『「奴隷」になった犬、そして猫』(いずれも朝日新聞出版)がある。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。