ペットのシェルターで一時的に保護されている猫=2022年3月30日、ポーランド南東部プシェミシル、遠藤啓生撮影
ペットのシェルターで一時的に保護されている猫=2022年3月30日、ポーランド南東部プシェミシル、遠藤啓生撮影

ウクライナ避難の犬やネコ、検疫中も一緒に過ごせます 許可書発行へ

 ウクライナ避難民が連れてくる犬やネコなどについて、農林水産省は18日、本来は国の施設で過ごすべき検疫期間中も、避難先で飼い主と過ごせる仕組みとすると発表した。検疫は狂犬病予防を目的に定められ、期間はウイルス潜伏期間の最長180日間に及ぶが、戦時下という事情を考慮し、条件を満たせば施設外で世話を認める。

 農水省によると、2011年の東日本大震災時に各国の災害救助犬を受け入れた仕組みを活用する。本来は日本入国前に本国で検査するなどの準備ができるが、今回は戦闘状態という状況を鑑み、書類を準備できないなど「特別な事情がある」と判断した。

 農水省は、個体識別のためのマイクロチップ装着やワクチンの2回接種、抗体価の確認という3点を満たした場合、施設外への「持ち出し許可書」を飼い主に発行する。飼い主には1日2回の健康観察や週1回の報告、散歩時はリードなどをつけて他の犬との接触を避けることも求める。(前川浩之)=朝日新聞デジタル2022年04月18日掲載

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。