山育ちの元野良犬「ギー」 家に迎えて2年、君は君のままでいい

おおがさんとギー(おおがさん提供)
おおがさんとギー(おおがさん提供)

 漫画家でイラストレーターのおおがきなこさんは、2匹の愛犬との暮らしを描いた漫画「いとしのオカメ」「いとしのギー」(サンマーク出版)を、昨年10月に出版しました。このうち「いとしのギー」は、人に慣れていない愛犬「ギー」と心を通わせていく様子を描いています。ギーと過ごす日々でどんなことを感じているのか、おおがさんがつづります。

(末尾に写真特集があります)

元野良犬を飼うって大変そう?

「元野良犬」って、どんな犬を思い浮かべますか?

 すぐ噛みそう、病気持ってそう、吠えそう…もしくは、可哀想…とかですかね。では、さらに想像を膨らませて…「野良犬を引き取ろうかと思うんだ」って家族に相談されたら…?「野良犬なんて今時いるの?」と驚くのが先かもしれませんが、うんうんイイね!と即答できなくないですか?「私達には難しいよ」って遠慮しちゃう気がします。

 うちのギーは、その“元野良犬”。

13キロあるMIX犬の女の子(おおがさん提供)
13キロあるMIX犬の女の子(おおがさん提供)

 肉球はかたくてヤスリのようだし、出逢った当初は脚の筋肉もカッチカチ。狼と狐が混ざったような外見ゆえに、私も思いました。「怖い…一生懐いてくれなさそう…」って。その時のギーの様子といったら、部屋の端っこで肩をギュッとすぼめて、消えそうなくらい大人しくしていたというのに。

テーブルの下にちぢこまるギー(おおがさん提供、自宅で撮影)
テーブルの下にちぢこまるギー(おおがさん提供、自宅で撮影)

 ギーは1歳前後(すっかり成犬でした)の時に熊本の山で捕獲されました。震災時に迷子になった家庭犬から生まれた、何代目かの生粋の野良。保健所に運ばれた後、ボランティアさんに助けられて東京に…そしてシェルターである一軒家で、初めて屋根のある生活をスタートしたわけです。

 「いとしのギー」から(おおがさん提供)
「いとしのギー」から(おおがさん提供)

部屋の隅っこにいた愛犬「ギー」

 ちょうどその時、私たち夫婦は譲渡先募集中のワンコを探していました。

 たくさんの人懐こいワンコがいる中で、部屋の端っこにいたのがギー。ギーは人間が怖くて固まっていましたが、とても大人しく頭を撫でさせてくれました。連れて行った先住犬との相性も良さそうだったので、シェルターの方に恐る恐る申し出てみたんです。

 そしたらとても嬉しそうに「懐くのは年単位かもしれないけど、でもそういう子って絶対可愛いんです!」って言われました。「人懐っこい小型犬に希望者が多いので、この子に声がかかるのはまだまだ先だと思っていました」と。

 「いとしのギー」から(おおがさん提供)
「いとしのギー」から(おおがさん提供)

 「いとしのギー」から(おおがさん提供)
「いとしのギー」から(おおがさん提供)

 こうして想定外の“元野良”ギーを迎え入れて早2年。結論から言いましょう。めちゃくちゃ可愛いです。だいぶ人にも馴れました。可愛い点は無限に言えますが、ガマンして3つに絞ります。

1.初めて手からオヤツを食べてくれた時が感動的
 そもそも野良生活に“オヤツ”はないわけです。一般的なワンコは、オヤツと聞けば喜んで寄ってきますよね。ギーにはそれがわからないわけですよ。まず人の手が怖いもんですから、オヤツをあげようにも逃げちゃうんです。

 でもだんだん理解して、ある日パクンと食べてくれて…ササミをあげた時なんて、目をまん丸くしていましたよ。美味しくてビックリしたんでしょうね。

今ではご近所さんにオヤツをもらうのが何よりの楽しみ(おおがさん提供)
今ではご近所さんにオヤツをもらうのが何よりの楽しみ(おおがさん提供)

2.犬とのコミュ力が高い
 これは野良それぞれですが、ギーは犬友作りの大名人。群れで育つうちに、犬同士の社会化が出来ていたのでしょうか。後に迎えたわがままな3匹目ともすぐ仲良くなり、教育までしてくれました。

 逆に、近所の人懐こい犬友と遊びながら、「人は怖くない」とギーも教わったのだと思います。犬友が増えてからのギーの変化は大きいです。

3. “それでこそ”を教えてくれた
 ギーは2年経って、やっと人間にシッポをふるようになりました。ちょっともどかしいペース…でもそれでこそギー!最初は焦って早く人に馴れさせようとしたけど、ギーにはギーのペースがある。「怖くないからおいで!」って無理やり引きずったりしちゃダメ。他者のペースを尊重するというのは、人だって大事だもんね。今でも家では隅っこが好きで、膝に乗ってきたりはしませんが、「それでこそギー」と思えて清々しいくらいです。

特別なことはせず待っていただけ

 私の「元野良犬」のイメージは、こうして塗り替えられました。ギーは噛まないし(怖がりで噛む子もいるだろうけど)、吠えないし(吠えてもいいんだけど)、病気もなく(フィラリア等の治療が必要な子もいるけど)、人のことも好きになった。特別なことはしていません。待ってただけ。

 SNSでギーの漫画を描くうちに知り合った“元野良”のワンコもいっぱい!みーんな最初はビビリで、でもゆっくり成長してる。飼い主さん達は、焦ったり悩んだりしながら、「君は君だよね」にたどり着く。

 「いとしのギー」から(おおがさん提供)
「いとしのギー」から(おおがさん提供)

 犬を家族に迎えたくなったら、ブリーダーさんのサイトを覗きつつ、譲渡先募集サイトにも寄ってみて下さい。ギーのような元野良犬の成犬や、野良のお母さんから生まれた子犬がたくさんいます。マンション住いで小型犬しか無理だよ…って人も、試しに見てみて。そもそも保護犬には小型犬が多いですし、体の大きくない野良犬もいるので。

 みーんな、あなたに幸せを運んでくれる子たちです。そして、あなたが幸せにできる子たちです。

 ギーはこれからもどんどん変わるでしょう。サナギが蝶になるように、のびのびと、笑顔を増やし続けていく。そのそばにいられる私の人生がどんなに幸せか、動物と暮らす方なら、みーんなわかってくれるはず!

これからもギーの笑顔を漫画にさせてね!(おおがさん提供)
これからもギーの笑顔を漫画にさせてね!(おおがさん提供)

【関連記事】 愛犬「オカメ」が余命宣告されたとき 私が始めたことやめたこと

いとしのギー
著者:おおがきなこ
発行:サンマーク出版
価格:1200円+税
A5判変形、224ページ
(書影をクリックすると、アマゾンに飛びます)

おおがきなこ
漫画家・イラストレーター。1984年生まれ。SNSやWEBを中心に様々な漫画を発表している。人の心の些細な葛藤をしつこく掘り下げていくのがスタイル。座右の銘は「嘘を描くな」。現在は、元野良犬の「ギー」と新たに加わったシーズーの「マル」の2匹と一緒に暮らしている。著書に『今日のてんちょと。』がある。Instagram:@kinakonoe/@oogakinako、Twitter:@kinakobon

sippoのおすすめ企画

投稿コーナー「朝ワンコ・夕ニャンコ」 犬と猫の写真を大募集!

「朝ワンコ・夕ニャンコ」は、みなさまに投稿していただいた写真でつくるコーナーです。かわいいワンコ、ニャンコを毎日1匹、日替わりでご紹介します! sippoの今日の「かお」になりませんか?

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。