病死した警察犬の慰霊祭 「君たちは良きパートナーだった」

警察犬の慰霊碑に向かい花を手向ける鑑識課員
警察犬の慰霊碑に向かい花を手向ける鑑識課員

 神奈川県警の一員として捜査や災害の現場で活躍し、現役中に病気で亡くなった警察犬を弔う慰霊祭が16日、横浜市栄区の直轄警察犬訓練所であった。刑事部の幹部ら約50人が慰霊碑に花を手向け、冥福を祈った。

 今年4月に亡くなったシェパードのアリス号は、約600件出動。胃腸を患いながら、亡くなる1カ月前まで行方不明者の捜索などにあたっていたという。中西実・鑑識課長は「君たちは良きパートナーであり、鑑識課の一員でもあった。君たちの遺志を引き継ぎ、さらに職務に邁進(まいしん)していく」と追悼の言葉を述べた。

 県警が警察犬を活用し始めたのは1972年。3頭でスタートし、これまで88頭が行方不明者や容疑者の捜索に従事。31頭が病気で現役中に亡くなり、慰霊碑に納骨されているという。
(土屋香乃子)

【関連記事】 警察学校の猫「タマ警視」 初イベントで制帽を置いて逃げ出す

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。