元保護猫の館長見習い「クロ」 重病乗り越え、現在修行中

ネコ館長見習い中のクロ=四万十市具同
ネコ館長見習い中のクロ=四万十市具同

 漆黒の体と金色の目をした雄ネコ「クロ」が、トンボや魚の展示施設「四万十川学遊館」(高知県四万十市)で、見習い館長としてがんばっている。

 クロは2017年6月上旬、同市内の市道で保護された。ふらついて車にはねられそうだった。両目が目やにでふさがっていた。獣医師に診てもらうと、重い眼病だとわかった。衰弱もしていた。

 同館は、餌や治療費の募金を呼びかけ、世話をすることにした。カンパは東京や九州からも集まった。今ではすっかり元気になった。黒い毛が輝き、子どもや女性に人気だ。

 現在は、「ネコ館長」を目指している。事務所の警備や閉館後の館内のパトロールが仕事だ。世話をしている同館スタッフの野村彩恵さん(34)らは「成長したクロの姿を多くの人に見てもらおう」と写真展を企画した。今月27日から約1カ月間の予定だ。

 子猫のころのかわいいクロの様子や「館長見習い」としての仕事ぶり、高所に登ってイタズラする表情などを48点のカラー写真パネル(A3)で紹介する。クロのネコ館長就任の可能性について、野村さんは「まだ先ですね」と話す。
(笠原雅俊)

【関連記事】
「入りたい」「ダメ」 猫と警備員の攻防 尾道市立美術館

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。