幼い時から動物に触れると、猫アレルギーのリスクが低下する?!

こまめな掃除が大事
こまめな掃除が大事

 花粉症や食物など、さまざまなアレルギーに悩まされる現代人。そんな中「乳幼児期から動物に触れる機会が多いと、動物アレルギーを発症しにくい」という研究結果が発表された。アレルギーに詳しい太融寺町谷口医院(大阪府)の谷口恭院長に解説してもらいました。

花粉症と犬・猫アレルギー

――患者さんに犬や猫アレルギーの方はいますか?

 犬アレルギーや猫アレルギーの患者さんは、決して少なくありません。中にはトリマーやペットショップで勤務している人もいて、簡単に仕事を替えるわけにもいきませんし、そういう人は、もともと犬や猫が好きで、プライベートでも飼っていることが多いですね。

――なぜ、犬や猫が好きな人が、アレルギーになりやすいのでしょうか。

 長い時間犬や猫に触れているからです。これは、花粉症と同じメカニズムなのですが、犬や猫に触れている時間が長い人は、同じ抗原に何年も触れていることになります。すると、それまでは何ともなかったのに、ある時を境に人の体は、抗原を“敵”とみなすのです。敵に対して体が攻撃をしかけるため拒絶反応が起こり、眼や皮膚のかゆみ、発疹、咳などの症状が現れます。

――では、花粉症の場合に花粉を避けるように、犬や猫アレルギーの人も動物に触れる時間を短くしたらいいのでしょうか。

 花粉症の場合、発症を予防するには、花粉に触れないようにするのが一番です。発症してしまった場合も、マスクをしたり、服や髪の毛についた花粉を家に入る前に落としたりして症状を和らげます。犬や猫アレルギーの場合も、動物に触れる時間をできるだけ短くするといいでしょう。

家に猫のいる生活
家に猫のいる生活

幼い頃から触れていると、犬・猫アレルギーになりにくい?

――幼い頃から動物に触れていると、アレルギーのリスクが低下するという論文が発表されたそうですね。

 医学誌『PLOS ONE』2018年12月19日号に、「早い段階でペットに触れていれば動物アレルギーのリスクが低下する」という論文が発表されました。早い段階で、というのは“小さい頃に”ということです。

 これは、スウェーデンで行われた研究で、7~8歳の小児1029例、8~9歳の小児249例を対象にしたものです。生後1年以内の乳児期に、家庭内で犬や猫を飼っていると、喘息や鼻炎、湿疹などのアレルギー症状が少なくなるという結果が出たそうです。

 ペットの数が多いほど、その傾向は顕著になり、ペットのいない家の子供のうち49%がアレルギーを発症したのに対し、5匹以上のペットを飼っている家の子供は、誰もアレルギーを発症しなかったのです。

ペットを飼う前に、アトピー性皮膚炎などをきちんと治しておく

――なぜ幼少期に動物と触れ合う機会が多いと、アレルギーになりにくいのでしょうか。

 なぜなのかはまだ解明されていません。

 例えば食物アレルギーの場合、以前は、アレルギー反応を起こしやすい食品はできるだけ遅らせたほうがいいと言われていたのですが、近年は、離乳食を開始する生後6か月くらいの早い段階から積極的に摂取したほうがアレルギーになりにくいことが分かってきています。ただし、同時にアトピー性皮膚炎などの湿疹をきちんと治しておくことが推奨されています。

 動物アレルギーと食物アレルギーではメカニズムが異なりますが、乳幼児期からペットを飼う時にも、湿疹の治療や予防をきちんと行っておくべきでしょう。

【関連記事】 猫アレルギーになった… 猫を手放さず、一緒に暮らすには

谷口恭院長
太融寺町谷口医院(内科、皮膚科、アレルギー科)院長。91年に関西学院大学卒業。4年間の商社勤務を経た後、大阪市立大学医学部入学。タイ国のエイズホスピスで医療ボランティアに従事し、帰国後、大阪市立大学医学部総合診療センターに所属。その後現職。大阪市立大学医学部附属病院総合診療センター非常勤講師、タイ国のエイズ孤児やエイズ患者を支援するNPO法人GINA(ジーナ)代表も務める。日本プライマリ・ケア連合学会指導医。日本医師会認定産業医。労働衛生コンサルタント。
渡辺陽
大阪芸術大学文芸学科卒業。「難しいことを分かりやすく」伝える医療ライター。医学ジャーナリスト協会会員。朝日新聞社sippo、telling、文春オンライン、サライ.jp、神戸新聞デイリースポーツなどで執筆。FB:https://www.facebook.com/writer.youwatanabe

sippoのおすすめ企画

猫の飼い主さん必見のウェブ講座! 専門の獣医師に学ぶ動画配信中

猫のために絶対に知っておきたい知識を、服部幸獣医師から学ぶウェブ講座です。猫のお手入れ方法から、防災、病気までもりだくさん。猫飼いベテランさんから初心者さんまで「目からウロコ」の人気講座を、自分のペースでじっくり学びましょう!

この特集について
ペットライフ お役立ち情報
ペットが食べてはいけない物は? もしもの時の備えは? ペットとの生活をより快適にするのに役立つ情報を特集しています。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。