犬60匹放棄、飼い主は行方不明 5年前は2匹だったが

保護された犬たち=18日、宮崎県高原町のNPO法人「咲桃虎」、神谷裕司撮影
保護された犬たち=18日、宮崎県高原町のNPO法人「咲桃虎」、神谷裕司撮影

 宮崎県都城市の住宅で、犬約60匹が室内に放棄されているのが見つかった。飼い主の50代の男性が行方不明となっており、男性の親族と動物愛護団体が残された犬の保護に乗り出した。

 動物愛護のNPO法人「咲桃虎」(同県高原町)代表の山下香織さん(38)によると、飼い主の男性は女性と2人暮らし。3月末、住宅の大家が「用事で家に行く」と男性に電話した直後から、連絡が取れなくなったという。親族が住宅を訪れたところ、多数の犬が中にいた。4、5年前は2匹だったといい、繁殖して増えたのではないかとみられる。

 親族は都城署や保健所に相談。咲桃虎にも連絡し、10日から犬の保護を始めた。男性の行方は署が捜している。

 えさは与えていたとみられるが、やせ細って弱っている犬もいた。室内は犬のふんなどで、不衛生な状態だったという。

室内で放棄された犬の保護に入った山下さん=10日、宮崎県都城市、NPO法人「咲桃虎」提供
室内で放棄された犬の保護に入った山下さん=10日、宮崎県都城市、NPO法人「咲桃虎」提供

 咲桃虎は18日までに子犬9匹を含む41匹を保護した。動物病院での手当てやワクチン接種などを行い、引き取り手を探すため、すでに約10匹を関東や関西などの動物愛護団体に送ったという。残る犬には親族がえさをやっているが、山下さんは今後、全頭を保護したいという。

 宮崎県衛生管理課は「親族と動物愛護団体が対応しているので、保健所が直接介入することはしていないが、愛護団体へのケージの貸し出しなどを続けていく」としている。

 山下さんは「不妊手術さえしていれば、こんな状態にはならなかった。飼い主も犬も不幸になる。飼い主は責任を持って適正飼育をしてほしい」と話す。引き取り希望者は咲桃虎(090・5724・0572)へ。
(神谷裕司)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!