幸運を呼ぶオッドアイの猫 商店街を散歩、人と縁を結ぶ

一番街商店街のアイドル「チロ」。耳は聞こえないが、「幸運を呼ぶ猫」として全国に知られるように
一番街商店街のアイドル「チロ」。耳は聞こえないが、「幸運を呼ぶ猫」として全国に知られるように

 沖縄市一番街商店街にある優心は、趣味と縁起物のお店だ。店頭のテーブルで優雅に寝そべるのが、この店の「幸運を呼ぶ猫」こと、チロ(6歳、メス)。右目は緑色、左目は青色のオッドアイだ。

 青い目を持つ白猫は、遺伝的に難聴が出やすいと言われる。チロも耳が聞こえない。頻繁に店主の新川秀雄さんを目で追う。

「私がどこで何をしているか、見ているんでしょうね」(新川さん)

 チロは、2012年1月10日、お店近くの角に捨てられていたところを新川さんに拾われた。生後数週間ほど、低体温症で弱っていた。新川さんは「お正月だから」と少しの間のつもりで預かり、カイロで温め、世話をした。

「しばらくして元気を取り戻してね。同時に、耳が聞こえていないとわかった。だから、うちで飼うことにした。助けた以上、責任を持たないとね」(同)

 以来、新川さんと一緒にチロは店頭に立つ。オッドアイの看板猫は程なく商店街のアイドルになり、半年後には地元紙に載った。ミュージシャン・斉藤和義と同じ写真に納まったこともある。

「オッドアイの猫は幸運を呼ぶ」といわれているのを知ったのはその頃だ。実際、「元気が出た」「宝くじが当たった」などの声が寄せられるようになった。

15時、おやつを済ませると、チロは新川さんと商店街を散歩する。商店街は彼女の大事な庭なのだ
15時、おやつを済ませると、チロは新川さんと商店街を散歩する。商店街は彼女の大事な庭なのだ

 昨年は、全国誌の取材も受けた。チロを訪ねる人はさらに増え、新川さん、一計を案じた。チロのブロマイドを1枚100円で売り始めたのだ。売り上げはすべて、チロのごはんとおやつ代になる。新川さんの思いやりだ。

「チロも自立しないとね」(同)

 新川さんとチロの毎日は優しい。チロは毎朝、新川さんのおなかに飛び乗って起こす。シャッターを開け、午前10時に開店。チロは店前に佇み、行き交う人を眺めて過ごす。15時にはおやつの催促。おやつを済ませたら、散歩の時間だ。

「ほんの少しの距離ですけれど、商店街の端から端まで歩くのが好きみたいです」(同)

 尻尾をピンと立てて進むチロは、新川さんをリードしているようだ。

 店の脇には、チロの家がある。「冬の間は寒かろう」と段ボールを新川さんが工作した。色を塗り、中には暖房装置を仕込んだ。クリスマス用に電飾も設えた。

 新川さんは、チロがつないだ思い出の手紙や記事を、大切に保管している。チロが来てから、新川さんにはどんな幸運が?

「人との出会いが増えて、たくさんの縁が運ばれてきますよ。金運だけは、あまり来ないかねえ(笑)」

 新川さんを見上げ、チロがニャーンと鳴いた。

(編集部・熊澤志保、渡辺豪、写真・今村拓馬)

AERA増刊『NyAERA ネコの病気と老い』
猫の健康と医療を特集したNyAERA(ニャエラ)の第4弾。腎臓病やがんの早期発見、最新治療のほか、保険や防災グッズ、お墓など、猫との暮らすための情報を満載。好評発売中。
発行:朝日新聞出版/定価:780円(税込)/A4変判 84ページ
まるごと1冊「猫」を特集したAERA(朝日新聞出版)の増刊「NyAERA(ニャエラ)」から選りすぐった記事です。

sippoのおすすめ企画

獣医師が解説 知っておきたい、猫と人をおびやかす寄生虫のこと

ときに健康を損なったり、命の危険すら及ぼしたりする寄生虫。愛猫のために、きちんと寄生虫の種類と対策を知っておくことは飼い主として必須です。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。