犬猫の殺処分、東京都ゼロに 昨年度、譲渡できる状態の犬猫

(写真と本文は関係ありません)
(写真と本文は関係ありません)

 東京都は5日、都動物愛護相談センターが引き取り、殺処分した犬や猫が2018年度にゼロになったと発表した。「ペットの殺処分ゼロ」は小池百合子知事が3年前の知事選で掲げた公約の一つ。飼い主が最期まで飼うように促す啓発活動や、譲渡を進める取り組みの成果という。

 都が殺処分した動物は15年度に猫が193頭、犬が10頭いた。16年度には猫が94頭で犬がゼロに、17年度は猫16頭にまで減っていた。都はこの間、ペットを譲渡する団体の紹介などをする情報サイトを開設。飼い主向けの啓発動画の作成や、飼い主のいない猫の不妊・去勢手術への補助をしてきた。小池氏は、この日の記者会見で「譲渡に協力してくれた団体、動物の飼い主になってくれた人たちのおかげだ」と述べた。

 ただ、都が「殺処分ゼロ」の対象とするのは譲渡ができる状態の犬や猫に限られる。衰弱や病気で譲渡ができずに殺処分になったり、引き取り後に死んだりした犬や猫は18年度に約360頭いたという。

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

参加者募集! ペットロスが心配な方へ、今から学ぶグリーフケア

ペットを病気にしない過ごし方や、ペットロスを乗り越えるために必要な飼い主の心構えなどを学びます。ペットが生きているうちからグリーフケアを学び、幸せなペットライフを送りましょう!

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!