口数が多くなった愛犬「ココ」、見事に会話が成立するように

目が不自由になり、まぶたが垂れ下がり、“ちっちゃい目”になってしまったココの近影です。それでもかわいいです
目が不自由になり、まぶたが垂れ下がり、“ちっちゃい目”になってしまったココの近影です。それでもかわいいです

 目がほとんど見えていないであろうココとの毎日は、考えさせられることばかりです。

 もともとココは吠える子で、玄関のチャイムが鳴ったり、家電の修理などで業者さんが来訪したりするとき、ものすごい勢いで吠えたり、業者さんに突進していったり……。

 それは目が不自由になってからも変わらず、「ココが勢いよく吠える内は元気な証拠」と、そのままにしています。あ、ココの名誉のために書かせていただくと、吠えっぱなしというワケではないのです。“番犬”としての才能がある……ということにさせてください。

 でも、ココはこの一年ほどで、よく喋るようになりました。ベッドやソファの上にいて、トイレに行きたくなったとき、「ク~、ク~」という声をあげて私を起こしたり呼んだりします。

 夫が一人でいるときは「そんな声、出さないよ」と聞いてからは、私にだけ甘えてくるココがかわいくて、かわいくて。寝ていたとしてもすぐに飛び起きてココを抱っこして、トイレシートがある場所まで連れていきます。

 ココが「ワン!」と一声あげて、意思表示をすることも増えました。たとえば、朝や夜、ゴハンをねだるとき(ウチは1日2回制です)や、ハンターに比べたら回数は少ないのですが「抱っこして」と私にねだるとき。さらには、「身体の上に毛布をかけて」というときにも小声で「ワン」といいます。

 あちらこちらにぶつかってしまうのでコンクリートだらけの我が家の周辺での散歩は難しくなりましたが、室内での生活には、ほとんど支障のないココ。でも、ココが一声発すると、「いま、ココは何がしたいのだろう」と私も想像を膨らませる機会が増えました。

 仕事部屋でキーボードを叩いているとき、リビングからココの一声が聞こえると、「ココ、なぁに?」と傍に駆け寄ります。すると、見えないながらも私に視線を送ってくれて、見えないながらも“目で訴える”ココ。続いて、「クーン、クーン」という声をあげたり、尻尾を振ったりして、必死に何かを訴えかけてくるのです。

 それがまたかわいくて、かわいくて。「なぁに? お腹空いちゃったの?」「トイレ、行きたいの?」「お外(と言ってもバルコニーですが)、出て見たいの?」と私が聞くのですが、これが最近、ほぼ100%当たっているのです。つまり、口数が多くなったココと私は、見事に会話が成立するようになったのです。

 いちばん二人(ココと私)の気が合うのは、ココを抱いてバルコニーに出て、外の匂いをたっぷり嗅がせてあげるときと、同時に二人で空を見上げて、「ピンちゃんが守ってくれてるからね」「ココ、ピンのこと、覚えてるよね?」と訊ねるひとときです。

 目は見えないのだけれど、その瞬間ココは空を見上げ、確かに「うん」と首を縦に振るのです。

 目が不自由になってからのココは、瞼が重そうで、どんどん“ちっちゃい目”になっていますが、それでも、やっぱりかわいいし、そんなココとの瞬間、瞬間が私にとっては大切な時間です。

 最近、咳が多いのが少し気になるので、週末は獣医さんを訪ねる予定です。結果はまた次回に書かせていただきます。

山田美保子
1957年生まれ。青山学院大学卒業後、ラジオレポーターを経て、放送作家、コラムニストなどを務める。「踊る!さんま御殿!!」「ノンストップ!」などを構成。ほかに雑誌、新聞、WEBに連載多数。
この特集について
山田美保子の育犬日記
人気放送作家の山田美保子さんが愛犬たちとの日々をつづるブログ。ペット愛好家セレブの御用達グッズなど、芸能界の話題も。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。