巨大な招き猫、広場にゴロリ 涅槃像もイメージした寝転び型

 大分県豊後大野市朝地町池田の朝倉文夫記念館で巨大なネコが寝そべっている。同市産のスギでできた「巨大寝ころび招き猫」(長さ10.4メートル、高さ3.73メートル)。彫刻家・朝倉文夫の後輩にあたる東京芸大のチームが、「第33回国民文化祭・おおいた2018」と「第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」の開催にあわせて造った。

 制作したのは東京芸大教授で彫刻家の深井隆さんが率いる同大のチーム。地元ボランティアの協力も得て8月24日から10日間かけて形づくり、9月28日に目の片方に金箔(きん・ぱく)を入れて完成させた。寄せ木造りで、シッポの先だけ豊後大野市の木「クヌギ」をあしらった。

山あいの朝倉文夫記念館に、声をかけたうえで12日夜に訪れた。曇りがちだったが、寝ころび招き猫の上に時折星空が広がった=連続した84枚を合成
山あいの朝倉文夫記念館に、声をかけたうえで12日夜に訪れた。曇りがちだったが、寝ころび招き猫の上に時折星空が広がった=連続した84枚を合成

 朝倉文夫がネコの像を多く手がけ、自身もネコ好きだったことや、多くの人に来館してもらいたいという思いから招き猫にした。倒れることがないようにと、涅槃(ねはん)像もイメージした寝ころび型になった。

 同館では11月25日まで「第14回大分アジア彫刻展」も開催中。巨大招き猫は館の円形広場で誰でも見られ、少なくとも2~3年は展示されるという。(寿柳聡)

朝日新聞
朝日新聞社の媒体に掲載されたおすすめの記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

猫がおなかを下したり、便に血が混じっていたりしたら…

猫専門病院「東京猫医療センター」の服部幸先生が、病院につれていくべきポイントや受診時の注意点について動画で解説します。「まなびばsippo」では猫飼いさん必須の知識を学ぶことができます。

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。