犬と猫どっちも飼ってる日常描きヒット 漫画家・松本ひで吉さん

漫画に登場する犬と猫。普段から仲がいい
漫画に登場する犬と猫。普段から仲がいい

 犬派、猫派にわかれるのが世の中の常ですが、両方一緒に飼う楽しさを描いた漫画がヒットしています。SNSで火がつき、単行本にもなりました。作者の松本ひで吉さんに、犬猫一緒に飼うことについて聞きました。

松本ひで吉さん
松本ひで吉さん

 おやつをもらえる期待に胸を膨らませ、ウルウルの瞳で飼い主に尾を振る犬。その様子をじっと見つめ、猫がつぶやく。

「脳ミソお花畑か小僧」

 そんな、無邪気な犬とクールな猫の対照的な日常を描いた漫画「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」。漫画家の松本ひで吉さんが2017年2月から、自身の愛犬、愛猫のエピソードを描き、無料でツイッター上で公開してきた。犬派と猫派の双方から支持を得て、ツイッターのフォロワーは23万人以上にもなっている。

「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」から
「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」から

「趣味で描き始めました。この子たちのことだと勝手に手が動くんです」と松本さんは振り返る。今年6月に単行本化されるとすぐに重版され、これまでに5刷り約18万部を発行。12日には第2巻が出る。

「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」から
「犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい」から

 猫は09年春ごろ仕事場のそばで拾い、犬とはそのすぐ後にペットショップで出会った。犬派と猫派は何かと張り合いがちだが、松本さんは「もともとどっちも大好き」という。「うちの犬は天真らんまんでいつもハイテンション、猫は不器用な性格でローテンション。どっちも違って、どっちもかわいい」。2匹が仲良く取っ組み合っている様子を眺めるのは、至福の時間だ。

 ただ、両方飼うには配慮も必要だという。特に大切なのは相性。松本さんのところにはもともと老犬がいて、そこに子猫を迎え入れ、最後に子犬が加わった。老犬は「かまってほしくない性格」だったから、幼い2匹とは別のスペースで飼育した。後から加わった猫と犬は幸い相性がよく、猫が犬をしつけてかみ癖を直すような関係になった。

 相性が悪いまま飼えば、お互いにとってストレスになり、問題行動を起こす要因にもなる。このため松本さんは「お見合い」をすすめる。お見合いで相性の悪さが判明した場合には一緒に飼うのを断念できるよう、「後に迎えるほうは、トライアル期間を設定してくれる動物愛護団体から保護犬、保護猫を譲り受けるという選択肢があることも知ってほしいです」と話す。

(太田匡彦)

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

病院が苦手なネコも、健康のために定期的に動物病院で受診しましょう。Instagramで動物病院の写真投稿を募集中!投稿1件につき100円を不幸な猫のために寄付します。

イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!