五輪めざし挫折した元日本代表 2匹の元捨て猫が救った

佐々木那奈さんとトラ(右)とキイ=高知市春野町
佐々木那奈さんとトラ(右)とキイ=高知市春野町

 年間約700匹の猫が殺処分されている高知県で、猫に救われた元日本代表選手がいます。東京五輪まであと一歩での挫折。部屋で泣いていた時、そばにいてくれたのは保護された猫でした。

 高知市の元飛び込み選手、佐々木那奈さん(19)の家では、2013年10月、捨てられていた2匹を引き取りトラとキイと名付けました。

 そのころ、佐々木さんは中学3年。東アジア大会にも出場し、東京五輪出場も期待されていました。遠征で忙しい中でも、猫と遊ぶ時間は佐々木さんにとって癒やしでした。

 高校から高知県を離れ、兵庫県宝塚市の名門クラブに入門。支えは「東京五輪に出場する」という夢と、母の理江さんから送られてくる猫の写真や動画でした。大学に進学すると練習時間が減りリズムが崩れました。自分の調子は上がらなくても、後輩たちは力をつけていました。昨年7月の大会は24位で予選敗退。張り詰めていた気持ちがぷつりと切れました。

 夏休みは高知県に帰りました。夜、悩んで部屋で泣いていると、トラがそばにいてくれました。今年5月、クラブを退会した佐々木さん。家に帰ると、トラとキイが迎えてくれました。

 練習を休んでいる間、自動車免許を取り、趣味のスキーでアルバイトもしました。今は警察官を目指して勉強中です。「高知県に帰ってこなかったら今の仲間もおらん。飛び込みだけが人生やない。やめて後悔したことも、人生経験」(森岡みづほ)

朝日新聞
朝日新聞の媒体に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。