初めての冬を迎えた子猫達
初めての冬を迎えた子猫達

北国の雪の上で生きる猫 たくましさとプライドと 

 今年の冬もまた小樽を訪ねた。この4年ほど冬になると毎年、この町を訪れる。その昔、ニシン漁で栄えた古い港町。今年もニシンが豊漁だったそうだ。小樽の猫は情が深く、一年ぶりに会いにきた私のことを覚えていてくれる。馴染みの猫が駆け寄ってきては、冷たい雪の上をコロコロと転がり、再会を喜んでくれる。冬毛で丸々とした姿はこの上なく可愛らしく、「生きている」ただそれだけの事がたまらなく嬉しく思う。

(末尾に写真特集があります)

吹雪が去り、ぽっかりと青空が顔を出す。まさに恵みの太陽。次の雪雲がまた迫ってくる
吹雪が去り、ぽっかりと青空が顔を出す。まさに恵みの太陽。次の雪雲がまた迫ってくる

 いつも必ず真っ先に行く場所がある。そこはメスを中心としたチームで構成され、コワモテ女ボスの三毛猫ニラミケさんを筆頭に愛嬌のある古参のサビ猫太陽ちゃんなど個性的なメンバーが揃う。

 日本海に面した小樽の空はコロコロと変わりやすく、青空が広がっていたと思ったら、鉛色した雪雲が押しよせ、あっという間に猛吹雪ということもしばしば。さっきまで、雪の上を楽しそうに走っていた猫達も慌てて身を寄せ合い寒さをしのぐ。そして吹雪が去った後、気丈に空に向かって顔をあげる姿に、北国で生きる猫のたくましさと力強さ、プライドを見る。

 今年の冬はニラミケさんと太陽ちゃんに会えなかった。猫はいつも静かにそっと姿を消す。どこかで生きていてくれたら、と願いながら、淋しさを抱えていたある日、たまたま訪れた港で、まだあどけなさが残る三毛とサビ柄の子猫がいた。その2匹が仲良く尻尾をたて真っ直ぐと向かって来て、私の足の間を8の字を描くようにすり寄ってきた。思わず、ニラミケさんと太陽ちゃん、ここにいたの? と言っていた。

 サビ猫を桃ちゃん、三毛猫を花ちゃん。ふたり合わせて、桃の花と名前をつけた。冬の寒空の下でも、桃ちゃんと花ちゃんに睨みつけるほどの太陽の光が降り注ぎますように。また大きく成長したあなた達に会いに小樽へ行こう。

土肥美帆

1971年北海道生まれ。
現在は滋賀県草津市に暮らしている。被写体は猫。そのしなやかな身のこなし、美しい瞳の色、何ものにも支配されない自由な精神にひかれ、写真を撮り続けている。小樽の漁港にすむ野良猫たちの、健気にたくましく生きる姿をとらえた写真で、日本写真家協会主催2016JPS展文部科学大臣賞、第65回ニッコールフォトコンテスト大賞(モノクロームの部)を受賞。2018年冬に河出書房新社より写真集を刊行予定。

辰巳出版が隔月で発行している猫専門誌です。猫愛にあふれる企画や記事の質に定評があります。

sippoのおすすめ企画

猫の飼い主さん必見のウェブ講座! 専門の獣医師に学ぶ動画配信中

猫のために絶対に知っておきたい知識を、服部幸獣医師から学ぶウェブ講座です。猫のお手入れ方法から、防災、病気までもりだくさん。猫飼いベテランさんから初心者さんまで「目からウロコ」の人気講座を、自分のペースでじっくり学びましょう!

この特集について
from猫びより
猫専門誌「猫びより」(辰巳出版)から提供された記事を集めた特集です。専門誌ならでは記事や写真が楽しめます。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!


症状辞典

愛犬、愛猫の病気やけがについて、獣医師が症状別に解説する辞典です。