トライアルから出戻り猫 2軒目でおばあちゃんと仲良しに

 トライアルで一度は預けられた保護猫が、何らかの事情で保護団体に戻されるケースがある。もともといた先住猫との相性も、その理由の一つ。一度は出戻り、2カ所目の家で幸せをつかんだ猫がいる。猫は1歳。いま一番の仲良しは、なんと99歳のおばあちゃんだ。

(末尾に写真特集があります)

 東京多摩地区にある一戸建て。坂本さん(44)は70代の両親、99歳の祖母と、猫2匹で暮らしている。

 取材に伺うと、1階の居間の棚の上で、白黒模様のオス猫がくつろいでいた。5月で1歳になったハヤテだ。昨年9月、この家にやって来た。

おとうさんの膝にのるハヤテ
おとうさんの膝にのるハヤテ

きょうだいの縁で

 ハヤテは野良猫が生んだ4きょうだいのうちの1匹。昨年夏、日本動物愛護協会が開いた保護猫譲渡会に参加して、いったんは別の家に引き取られた。だが、「先住猫2匹のうち1匹は仲良くなったが、もう一匹がどうしても受け入れない」と、ボランティアの家に戻されたという。最初に迎えた女性は、泣く泣くあきらめたそうだ。

 一方、坂本さんの弟の家では、ハヤテのきょうだいの猫2匹を飼い始めていた。その弟から「戻ってきて、行き場がないらしい。飼ってあげられないか」と連絡があった。

幼い頃のハヤテ 遊び好きで甘えん坊なのは今も同じ
幼い頃のハヤテ 遊び好きで甘えん坊なのは今も同じ

 行き場がないのはかわいそうだと、坂本家では家族会議を開いた。しかし、すぐには答えを出せなかった。それまで「蝶よ花よ」と育ててきたメス猫のヒメ(7歳)がいたからだ。

「ヒメはおにいちゃん(長男)とラブラブで」とおかあさんがいう。「ヒメは初めて飼った猫だし、自由気ままに暮らしてきたので、トライアルをするまで3週間も悩んだんですよ」 

 ハヤテは迎えた当初、2階の両親の部屋でケージに入れていた。ヒメは“あなた誰よ?”とばかり「シャーシャー」と声をあげ、ハヤテの方も目をパチクリ。だが、すぐに心配は消えた。1か月もすると、2匹はなじんできたという。

「ハヤテはヒメちゃんが好きで抱きしめたいけど、ヒメちゃんのほうは『今はヤメテ』って感じでふるのよ。だから2匹はほどほどの仲ね」とおかあさんは笑った。

先住猫のお姫様ヒメ(体が痒くてスイカ柄のカラーを使用中)
先住猫のお姫様ヒメ(体が痒くてスイカ柄のカラーを使用中)

98歳差の仲良し

 取材に伺った日は不在だったが、坂本家には99歳のおばあちゃんがいる。外出するときは車椅子を使うが、しゃんとしていて、屋内では自分で歩くそうだ。このおばあちゃんが、ハヤテは大好きなのだという。

「居間の横がおばあちゃんの部屋なのですが、ハヤテはそこに入るのが好きなんです。おばあちゃんが布団で寝ていると、必ずそばにいくんです」

 こんな感じで、と坂本さんが動画を見せてくれた。

 ハヤテは布団で寝ているおばあちゃんに近づくと、おばあちゃんは微笑んでハヤテをなでたり、ポンポン背を軽く叩いたり、かと思うと、布団をぱっとかけたり……。99歳と1歳の年の差で遊びながら、絶妙なコミュニケーションをとっていた。

「もともとおばあちゃんは猫が苦手なほうで、ヒメもあまり近づくことはなかったので、ハヤテの行動にはびっくりでした」と坂本さんはいう。

99歳のおばあちゃんに甘えるハヤテ
99歳のおばあちゃんに甘えるハヤテ

先住猫へ気遣いも

 夜、ハヤテは両親の部屋、ヒメは坂本さんの部屋で寝る。

「早朝になると、ヒメが私たちの部屋の入口に来るんです。すると、ハヤテが私の顔をなめまわして『ヒメちゃんが来たよ、ごはんをあげて』と私を起こす。お皿にフードを入れると、ハヤテは食べず、ヒメだけが食べて、またお兄ちゃんの部屋に戻ります。以前はヒメがこの部屋で寝ていたので、ハヤテの気遣いなんでしょうかね(笑)」

窓辺に作ってもらったステップから外を眺めるハヤテとヒメ
窓辺に作ってもらったステップから外を眺めるハヤテとヒメ

 坂本さんは、ハヤテとヒメの健康記録を毎日つけている。特にいま気を付けているのは、脱走しないこと。網戸に開閉防止の留め具などを付けて工夫している。

「ヒメが若い頃に2度脱走したんです。一度は玄関から、もう一度は2階のベランダから。おやつで引き寄せすぐに戻りましたが、ハヤテはすばしっこいので気をつけないと。ねっ、ハヤテ」

 ハヤテは、きょとんとしたような顔で聞いていた。2匹の猫は、4人の家族に見守られ幸せに暮らしている。

  • 存在感ばっちり?
  • おとうさんのお腹でひと休み
  • 幼い頃のハヤテ 遊び好きで甘えん坊なのは今も同じ
  • キャリーバッグの上でくつろぎ中
  • 光の中でのび~「おかあさんは僕の体が伸びるのカワイイっていうよ」
  • かっこいい白黒猫に成長したハヤテ
  • 最近ドアをあけられるようになったよ
  • 「お兄ちゃんの膝に座ろう」「そこは私専用よ」
  • エリザベスカラーが夏の風物詩みたい
  • おヒメ様、どこにはまってるの?
  • 気持よさそうにお昼寝中
  • おばあちゃんの百寿を祝うアルバムにも、ヒメやハヤテが登場した「家族だから一緒に祝ったよ」
  • やっぱりここが好き
「ねえおばあちゃん、ずっと僕と遊んでね」
  • 存在感ばっちり?
  • おとうさんのお腹でひと休み
  • 幼い頃のハヤテ 遊び好きで甘えん坊なのは今も同じ
  • キャリーバッグの上でくつろぎ中
  • 光の中でのび~「おかあさんは僕の体が伸びるのカワイイっていうよ」
  • かっこいい白黒猫に成長したハヤテ
  • 最近ドアをあけられるようになったよ
  • 「お兄ちゃんの膝に座ろう」「そこは私専用よ」
  • エリザベスカラーが夏の風物詩みたい
  • おヒメ様、どこにはまってるの?
  • 気持よさそうにお昼寝中
  • おばあちゃんの百寿を祝うアルバムにも、ヒメやハヤテが登場した「家族だから一緒に祝ったよ」
  • やっぱりここが好き
「ねえおばあちゃん、ずっと僕と遊んでね」
  • 存在感ばっちり?

    存在感ばっちり?

  • おとうさんのお腹でひと休み

    おとうさんのお腹でひと休み

  • 幼い頃のハヤテ 遊び好きで甘えん坊なのは今も同じ

    幼い頃のハヤテ 遊び好きで甘えん坊なのは今も同じ

  • キャリーバッグの上でくつろぎ中

    キャリーバッグの上でくつろぎ中

  • 光の中でのび~「おかあさんは僕の体が伸びるのカワイイっていうよ」

    光の中でのび~「おかあさんは僕の体が伸びるのカワイイっていうよ」

  • かっこいい白黒猫に成長したハヤテ

    かっこいい白黒猫に成長したハヤテ

  • 最近ドアをあけられるようになったよ

    最近ドアをあけられるようになったよ

  • 「お兄ちゃんの膝に座ろう」「そこは私専用よ」

    「お兄ちゃんの膝に座ろう」「そこは私専用よ」

  • エリザベスカラーが夏の風物詩みたい

    エリザベスカラーが夏の風物詩みたい

  • おヒメ様、どこにはまってるの?

    おヒメ様、どこにはまってるの?

  • 気持よさそうにお昼寝中

    気持よさそうにお昼寝中

  • おばあちゃんの百寿を祝うアルバムにも、ヒメやハヤテが登場した「家族だから一緒に祝ったよ」

    おばあちゃんの百寿を祝うアルバムにも、ヒメやハヤテが登場した「家族だから一緒に祝ったよ」

  • やっぱりここが好き
「ねえおばあちゃん、ずっと僕と遊んでね」

    やっぱりここが好き 「ねえおばあちゃん、ずっと僕と遊んでね」

  • 存在感ばっちり?
  • おとうさんのお腹でひと休み
  • 幼い頃のハヤテ 遊び好きで甘えん坊なのは今も同じ
  • キャリーバッグの上でくつろぎ中
  • 光の中でのび~「おかあさんは僕の体が伸びるのカワイイっていうよ」
  • かっこいい白黒猫に成長したハヤテ
  • 最近ドアをあけられるようになったよ
  • 「お兄ちゃんの膝に座ろう」「そこは私専用よ」
  • エリザベスカラーが夏の風物詩みたい
  • おヒメ様、どこにはまってるの?
  • 気持よさそうにお昼寝中
  • おばあちゃんの百寿を祝うアルバムにも、ヒメやハヤテが登場した「家族だから一緒に祝ったよ」
  • やっぱりここが好き
「ねえおばあちゃん、ずっと僕と遊んでね」
藤村かおり
ペットライター。小説等の創作活動を経て90年代後半から、ペットの取材を手掛ける。2011年~2017年週刊朝日記者、2017年からsippoメインライター。丹念な取材と独自の目線から、動物と人の絆、動物と共に生きる人の心をすくい取る記事に定評がある。ペット関連の著書に『長寿猫』『明日にアクセス』など。現在は保護した黒猫、キジ猫と暮らす。
この特集について
ペットと人のものがたり
ペットはかけがえのない「家族」。飼い主との間には、それぞれにドラマがあります。犬・猫と人の心温まる物語をつづっています。
Follow Us!
sippo編集部おすすめの記事をメールでお届け!
会員登録すると、獣医師への相談など会員限定の
サービスも受けられます。


動物病院検索

sippoの独自調査により、不妊手術や予防接種等の料金、夜間対応やしつけ指導などの詳細情報を無料で検索できます。