愛犬のお散歩で通学路を見守って 獣医師会がパトロール犬を募集

「わんわんパトロール」で千葉県警と獣医師会が協定を結んだ=千葉市中央区
「わんわんパトロール」で千葉県警と獣医師会が協定を結んだ=千葉市中央区

 地域の子どもを誘拐や殺人、性犯罪といった凶悪犯罪から守るため、千葉県獣医師会(千葉市中央区)が、愛犬家のパトロール部隊を立ち上げる。愛犬と散歩で小中学生の通学路を歩き、何かあったら県警に速報するのが活動の柱だ。350の動物病院を通じて、7月20日まで募集する。

 名付けて「わんわんパトロール」。隊員は愛犬の首輪に「ワン証」を付け、できる限り朝夕に小中学生の通学路を散歩するようにする。県獣医師会所属の動物病院で募集。隊員になれば、愛犬の健康診断の費用を1千円、マイクロチップ装着の費用を1500円割り引いてもらえる。

 県獣医師会は12日、活動を充実させるため、県警と協定を結んだ。街頭犯罪の発生状況や場所、手口といった情報をリアルタイムに提供してもらうほか、「隊員」の通報を受けて素早く対応してもらう。

 県警との協定締結式に出席した市川陽一朗会長は「未来ある子どもたちへの犯罪被害を防ぐのは社会の責務です。各地で幅広く協力を呼びかけたい」。「わんわんパトロール」の防犯効果が確認できたら、隊員の追加募集も検討するという。問い合わせは県獣医師会(043・232・6980)へ。(松本江里加)

【関連記事】
愛犬と散歩しながら街を見守り 「防犯ウォーキング犬」

朝日新聞
朝日新聞に掲載されたオススメのペット記事を紹介しています。

sippoのおすすめ企画

sippoの投稿企画リニューアル! あなたとペットのストーリー教えてください

「sippoストーリー」は、みなさまの投稿でつくるコーナーです。飼い主さんだけが知っている、ペットとのとっておきのストーリーを、かわいい写真とともにご紹介します!

Follow Us!
編集部のイチオシ記事を、毎週金曜日に
LINE公式アカウントとメルマガでお届けします。


動物病院検索

全国に約9300ある動物病院の基礎データに加え、sippoの独自調査で回答があった約1400病院の診療実績、料金など詳細なデータを無料で検索・閲覧できます。