猫写真と名言をセットに 疲れに効く? 日めくりカレンダー

「あなたはあなたでいればいいのよ」「今日の失敗より明日への成功!」――。様々な表情やしぐさを見せる猫の写真に、名言を添えた日めくりカレンダー『日めくり ゆる訳名言ねこカレンダー』(インプレス)が発売された。世界の偉人たちの名言を猫が訳したという想定で、かわいい猫の写真と、ゆるく訳された名言に癒やされる。日付だけのため、繰り返し、ずっとと使えるカレンダーだ。

(末尾に写真特集があります)

 カレンダーは、はがきサイズほどのコンパクトな机上用で、登場する猫は34匹。うち31匹は日付ごとに登場し、ゲーテや、レオナルド・ダ・ヴィンチ、アルベルト・シュバイツアー、キケロ、ジョン・レノンなど古今東西の偉人らが残した名言の“猫訳”が添えられている。

 1枚めくってみると、カメラ目線の茶白の猫が「まっすぐ前を見ると 世の中もまっすぐみられるかも。」という言葉とともに登場する。〈うつむいてはいけない、いつも頭を高くあげなさい……〉というヘレン・ケラーの名言を、“ねこ的な解釈”で、やさしく訳しているのだ。名言は前向きになれるものばかり。

ヘレン・ケラーの名言を猫的にゆるくアレンジしている (インプレス提供)
ヘレン・ケラーの名言を猫的にゆるくアレンジしている (インプレス提供)

 さらにページをめくると、オッドアイ(目が黄色と青色)の白猫が凜とした表情で「あなたはあなたでいればいいのよ」というマザー・テレサの名言ともに訴える。

 神秘的な姿と、その言葉がマッチしている。さらに、“自分の人生なんですから、何かになろうとしなくてもいいんじゃないでしょうか”というカレンダーの下にある説明にも励まされ、次は? 次は? とめくりたくなる……。

 登場する猫は、室内で毛糸と戯れる子猫、リボンの似合う美しい黒猫、まったり地面に横たわる縞猫などとバラエティーに富み、写真集としても楽しめるが、名言が付けられたことで、より猫の姿が印象的になり、言葉とともに心にじんわり染み込んでくるようだ。

 このカレンダーを作った動機を、インプレス出版事業部の二村茜さんに聞いた。

「一番の動機は、春からの新生活を迎える人に向けて、何かモチベーションをアップさせるものを作れないかという発想からでした。「掃除」「貯金」「癒し」といった案が出て、そのうちの「癒し」担当が、この『日めくり ゆる訳名言ねこカレンダー』です。春は新年度を迎え、職場や生活環境、気候の変化によってストレスを強く感じる人が多いので、疲れた心をふっと軽くできるような、日めくりにするには、どうしたらいいかと考えた結果、ねこと名言にたどりつきました」

 31の名言はどうやって選んだのでしょうか。

「ネットや書物で80くらいの言葉をピックアップして絞りました。調べて分かったのですが、偉人の名言は、癒しというより叱咤激励という印象のものが多いんです。そのまま引用すると、心が弱ってる人には少しきつすぎるものが多く、どこまで本質を崩さずにライトな表現にして、“ねこの写真とマッチさせるか”が難しかったですね。とにかく今辛いと思っている人が、少しでも元気になるように、硬くならないようにと考えながら作りました」

 猫の写真選びも大変だったのでは?

 「写真はカメラマンの小川晃代さんと湯沢祐介さんに送っていただいた数万枚の中から厳選しました。どの写真も可愛くて削るのが大変で……。最終的には言葉と実際に合わせてみて、表情や仕草がしっくりきたものを選びました。『もっと変な顔はありませんか?』とリクエストしたものもあります」

 このカレンダーの“効果”“楽しみかた”を教えてください。

「やはり癒しですね! 作業で1ヶ月ほど毎日何千枚という写真を見続けていたのですが、あまり疲れを感じなかったのは、“ねこの癒し”効果かも。副作用で家のねこに会いたくなってしまいました(笑)。楽しみ方は自由。めくるのは毎日でも、たまにでもよいです。好きな日をずっと飾るのも良いかもしれません。ゆるさがコンセプトのカレンダーですので、ねこのように自由気ままに使ってください!」

 緊張が続く新入社員も、ベテラン社会人も、ふっと息が抜けて楽になること間違いなし。カレンダーの最後は、フォトフレームとしてお気にいりの写真を飾れるようになっている。

『日めくり ゆる訳名言ねこカレンダー』  出版元=インプレス/著者=インプレスカレンダー編集部/写真:小川晃代・湯沢祐介/体裁=A6判/34ページ/価格=1000円+税

藤村かおり
ペットライター。小説等の創作活動を経て90年代後半から、ペットの取材を手掛ける。2011年~2017年週刊朝日記者、2017年からsippoメインライター。丹念な取材と独自の目線から、動物と人の絆、動物と共に生きる人の心をすくい取る記事に定評がある。ペット関連の著書に『長寿猫』『明日にアクセス』など。現在は保護した黒猫、キジ猫と暮らす。
イチオシ記事を毎週お知らせします
お役立ちから感動のストーリーまで
編集部のイチオシ記事を
毎週金曜日にメルマガでお届けします。
Follow Us!